シングルマザー長谷川潤がママタレに転身!? “最強説”が飛び交う

長谷川潤 

(C)まいじつ 

モデルの長谷川潤が9月27日、自身のインスタグラムを更新。長男の5歳の誕生日をお祝いする写真と動画を公開した。

長谷川は「Thank you for bringing such light and laughter into my world」と、英語で息子への感謝を伝え、楽しく子どもと遊ぶ動画を披露した。

ネット上では、

《すごくかわいらしいお子さんですね!》
《何だか楽しそうな家庭だな。子どもはかわいいよね》
《はしゃぐ息子さんを見てほっこりした。幸せそうだ》

など、ファンから絶賛コメントが寄せられている。

「長谷川は2011年に当時、ハワイ在住だった一般の台湾系米国人と結婚し、2児を授かりました。しかし、8年後の今年5月に離婚を発表。現在はシングルマザーとしてモデル活動を続けています。過去に何度か子どもたちの写真をインスタグラムに投稿していますが、今回、複数の動画を公開したことで、ファンからは『いよいよママタレ業にも進出か』とウワサされています」(芸能記者)

 

長年の雑誌読者が付いている

長谷川は父親が米国人、母親が日本人のハーフで、エキゾチックな顔立ちから、かつてはCMやテレビに引っ張りだこだったが、現在は主にファッション誌の表紙やグラビアが活動の中心となっている。今後、ママタレ業に進出する可能性はあるのだろうか。

「長谷川はもともと、ファッション誌の看板モデルとしてブレークしたため、一流モデルというよりはタレント的な要素の方が強いと思います。年齢も今年33になったこともあり、ママタレはいい方向転換じゃないでしょうか。通常、SNSに小さい子どもを素顔のまま掲載するのはリスキーと考えるものですが、堂々と動画を公開したのですから、子どもの芸能界入りも考えているのかもしれません。長谷川には長年の雑誌読者が付いていますから、ママタレとしても十分やっていけると思いますよ」(同・記者)

ママタレといえば小倉優子や辻希美、スザンヌなどがあげられるが、いずれもタレントが出産し、そのまま〝ママタレ化〟したケースがほとんどだ。長谷川のシンブルマザーとしての生活ぶりに興味を示すファンは多いだろう。また、女性ファンだけでなく、熟女としての長谷川に興味を示す男性ファンも多いはず。

今後の長谷川の活動に注目したい。

 

【あわせて読みたい】