ゆうこす“インフルエンサー”の極意を紹介「〇〇は求められていない」

ゆうこす 

(C)まいじつ 

9月18日、東京・六本木のブックカフェ『文喫』にて、〝モテクリエイター〟として活動の幅を広げている〝ゆうこす〟こと菅本裕子が、インフルエンサーになりたい女性40名を前に、特別相談会を開催した。

元『HKT48』のゆうこすは、脱退後2016年からSNSを始め、現在は〝モテクリエイター〟として150万人のフォロワーを持ち、インスタグラムやYoutubeチャンネルで紹介するコスメなどが完売するなど、女性への影響力を持つインフルエンサーとして活躍。「自分自身の力で、フォロワーが喜んでくれる物を生み出せたら」と、さまざまな事業を立ち上げている。

また、ニッチに攻めた戦略やスピード重視の実践、失敗の生かし方などを盛り込んだ著書『共感SNS 丸く尖る発信で仕事を創る』は、インフルエンサーを目指す人を中心に、早くも4刷が決定した。

今回の相談会では、ゆうこすの話からヒントを得ようとメモを片手に真剣な表情の女性とは対照的に、「何だ、女子会やん!」と笑顔を見せながら登場したゆうこす。講演会の依頼も多いそうだが、その内容は「テクニックより概念を話すことが多かった」と、少し硬いビジネス的な側面だったことを話すと、会場を見まわしながら「今日は、もっと具体的なものを求められている気がします」と楽しそうに笑った。

 

 伝えたい情報を明確にすること

現在、SNSの世界では「映える」写真を撮るために悩みを抱えている女性が多い。実際にこの日も使っているカメラや写真の撮り方を尋ねられると、「インフルエンサーは現象を起こさないといけない。〝映え〟はインフルエンサーに求められていない。伝えたい情報が明確に見えているかが重要」とその極意を伝えた。また、「私は『モテ』の情報を発信している。そこには、文章で明確に表現されているかが重要」とアドバイスを送った。

続いて、オフの過ごし方を問われると、「1年前に自分は注意力が散漫だったと気が付いた」とおどけて見せると、「でも、インフルエンサーをやっていると情報を発信するために、インプットする時間が必要なので向いている」と感じ、1日に数時間は人に会ったり、いろいろな場所に出掛ける時間を作っていると明かす。心境の変化として、「1年前は(忙しくて)寝れない自分が〝カッコイイ〟」と思っていたが、今は〝カッコよくない〟と感じ、8時間は睡眠時間に充てているそうだ。

他にも、「悪意しかないアンチへの対応」や「継続するためのモチベーションの持ち方」など、誰もが持つSNSに対する疑問に対して率直に自身の思いを伝えた。ゆうこすは「挑戦は成功しているときにはできない。半年やってダメだと思ったら、やり方を変えます。でも楽しくないと見切りをつけるかも」と話すと、「私、前向きですね。歩くポジティブって言おう」と笑った。

 

【あわせて読みたい】