嵐ファンをあおって“迷惑行為”を推奨する『スッキリ』に批判続出!

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

9月26日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に対し、視聴者から批判が寄せられている。

この日の番組は、11月9日に行われる「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」で、『嵐』が奉祝曲を歌うニュースを取り上げた。奉祝曲とは即位を祝うために作られるオリジナルの楽曲で、番組は、現在の上皇が天皇だった時代に開かれた、1999年の即位10周年式典の様子を放映。当時、『X JAPAN』YOSHIKIのピアノによる奉祝曲演奏に、3万人のファンがフラッシュを焚きながら悲鳴にも似た歓声を上げる様子が流された。

今回の式典には一般公募で約1万人が招待されるのだが、コンサートチケットが日本で一番取りづらいともいわれる「嵐」の参加とあって、かなりの高倍率になることは必至な情勢。すると、番組はこうした点を踏まえてか、「活動休止前の嵐の歌を聞きたい、会場に入れなくてもお祝いしたい、という人も多いはず…」と、会場周辺の〝穴場スポット〟を捜索するVTRを流し始めたのだ。