『ZIP!』まいんちゃんロス…「吉田沙保里が残るのは解せない」の声

吉田沙保里 

(C)まいじつ 

朝の情報番組『ZIP!』(日本テレビ系)の月間金曜日パーソナリティーを務めていた〝まいんちゃん〟こと福原遥が、9月27日に〝最終日〟を迎えた。

「金曜日の月替わり担当として、なかなかの評判でしたが、正直、再登板は難しいかなと思います。次に出てくるとしたら、半年や1年のレギュラーということになるのでしょうが、長期的に彼女を見るとなるとどうでしょう。『結構疲れる』なんて声も聞かれます。爽やかで朝向きなのですけれど、やはりファンじゃないとレギュラーで見るのはつらい。すぐに満腹になるキャラが難点ですね」(テレビ誌ライター)

福原は子役時代から声優として活躍。しゃべりは決して悪くない。

「かわいい役ばかりやっているせいか、受け答えが上手でも、声が〝ブリッコ〟過ぎ。時折、妙に甘えた感じで裏返ってしまうこともあるし、視聴者にはイラッとくるはず。今回『ZIP!』では9月限定でしたが、そのあたりがいいところでしょう」(同・ライター)

 

『霊長類最強パーソナリティー』の評判は…

だが、福原などまだいい方かもしれない。彼女はまがりなりにもキャリアがある芸能人だからだ。なぜか、同番組の金曜日にはもう1人、レギュラーのパーソナリティーがいる。「霊長類最強女子」と呼ばれた元レスリング選手・吉田沙保里だ。彼女は今年1月に競技を引退。4月より番組に登場し、『霊長類最強パーソナリティー』という肩書を自ら名乗った。

「2016年に日本女子代表コーチに就任。その後、母校である至学館大レスリング部のコーチに就いたはずでした。でも、引退後はどうも職がはっきりしない。相当の出たがりのようで、仲のいい女優の深田恭子とのツーショットを頻繁にインスタグラムで公開するぐらいですから、タレント専業になったのかもしれません」(スポーツ紙記者)

『ZIP!』では、スポーツを中心にしたしゃべりを見せているが、

「現場リポーターもするのですが、チームや選手が勝つと『すごいですね』『ガンバリました』。負けると『残念です』と、感想しか言わない。最強選手だったかもしれませんが、解説や分析は全然できず、コメントは最低最弱。しかもコトあるごとに『結婚したい』話になるし、まるで実がない。それこそ結婚でもして画面引退するべきでしょう」(同・記者)

ネット上にも同様の声があふれているようだ。

《名前の通り福原遥の方がはるかにマシ》
《まいんちゃんロスだけならまだしも…吉田が残るのは解せない》
《今さらだけど吉田レギュラーにどういう意図があるのか分からない》

どうやら、福原ロスの声が次第に大きくなりそうな気配だ。

 

【あわせて読みたい】