南キャン山ちゃん“妻・蒼井優”レイプシーンありの映画を必死に宣伝!

蒼井優

(C)まいじつ

『南海キャンディーズ』の山里亮太が9月29日、自身のインスタグラムを更新。6月に結婚した妻・蒼井優が出演している映画『宮本から君へ』の感想をつづったところ、ネット上では〝作品のジャマ〟だとして批判する声が続出している。

27日公開の同作品を早速見たという山里は29日、映画のポスターの写真とともに《最高、ただただ最高、観る前に私ごちゃごちゃ言いましたが、スクリーンの中で靖子(蒼井優)と宮本(池松壮亮)がひたすら最高だった》と、インスタグラムで映画を絶賛。続けて、《最高という言葉しかない自分が腹立たしい、誰か代わりにその言葉以外の感想教えてください》と、ファンにも感想を求めるなど興奮が冷めやらぬ様子を見せた。

同作では、蒼井が強姦されてしまうショッキングなシーンを含んでおり、蒼井自身、山里が鑑賞することを心配しているようだった。しかし作品を鑑賞した上、絶賛までした山里にファンからは、

《そんなコメントできるのサイコーですよ》
《しっかり奥さんの宣伝する山ちゃん最高に素敵です》

などと、器の大きさを称賛する声が続出。

 

蒼井優の仕事を邪魔している?

その一方、ネット掲示板では、山里が蒼井の出演作品に絡んできたことに対し、

《もういいよ、山ちゃん。夫婦なのは分かったから蒼井優の女優のときにまで出てこないで》
《せっかくのいい映画なのに山ちゃんがチラついて邪魔する》
《不本意にも蒼井優の足を引っ張ってる山里》
《もうそろそろ黙ろうか。蒼井優が仕事をしているときは身を潜めてほしい》
《蒼井優が女優してるの好きだからそこに山ちゃんは入ってきてほしくないな》
《新婚で浮かれてるのは分かるけど、あんましゃしゃると嫌われるだけと気付いた方が身のため》

などと、批判する声が多く上がった。

「山里は以前、蒼井が出演している別の作品でも俳優とのキスシーンがあることに対し『すごいシーンあるんだって。見るの怖い!』『シンプルに複雑!』と、積極的に絡んでいきました。その後、自身の発言が〝作品のジャマをしてしまっているかもしれない〟と反省したものの、結局、今回も作品に言及してきましたね。ツッコミ芸人として一言、言いたくなってしまうのかもしれません」(テレビ誌ライター)

蒼井優がSNSをやっていない分、夫の山里が宣伝をガンバるのは何も悪くないハズなのだが…。

 

【あわせて読みたい】