『ボンビーガール』声優ゲストに期待もまさかの結末…「ひっどいわww」

(C)Malochka Mikalai / Shutterstock

10月1日放送の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)の〝過剰演出〟に批判が集まっている。「国民的声優」の触れ込みで登場したゲストに、視聴者はズッコけた。

ゲストの登場前、スタジオで劇団ひとりは「数々の人気ドラマ、映画に出演」「世界的アニメの声優としても活躍している男性」「男性なんですけど、かわいらしいお茶目なイメージ」などと、ゲストのヒントを語る。水卜麻美アナウンサーは「ペットとして家で飼いたい」と口にした。街頭インタビューでも、一般女性が「かわいい系のイケメン」と評していく。

 

「かわいい系のイケメン」として登場したのは…

さらにゲストは、自宅から3駅の大阪・弁天町駅近くの路上で、日給8000円のアルバイトをしながら日銭を稼ぐ貧乏生活を続けていたとVTRで紹介された。

その後、オーディションで大物有名人に見初められブレーク。ドラマに声優、楽曲配信などで大いに人気を博しているという。

そんな紹介の後、スタジオに現れたのは『中川家』の剛。剛は〝大物芸能人〟の明石家さんまに注目されて芸人としての才能を開花させ、現在は芸人活動の傍ら、2016年に『アンパンマン』の映画版でゲスト声優として出演している。

番組では15分以上の尺を使い、剛の人となりを紹介。終始「芸人」と明かされなかったこともあり、大半の視聴者はゲストが剛とは気付かなかった様子。本気で「国民的声優」がゲストとして登場すると思い込んでいた視聴者は、番組にブーイングを浴びせていた。

《声優?? あんだけ尺伸ばしといてこれ??》
《へぇ~山ちゃん(山寺宏一)とかかなと思ったら中川家でズコーなった》
《まさかのお笑い芸能人やったんかいwww》
《芸人でいいじゃん。声優言うなや》
《剛て声優俳優だったけ?》
《ボンビーガール声優って聞いたけど、ゲスト芸人さんなの??》
《声優で紹介したらアカンでしょwwwボンビーガールひっどいわww》

この〝フリ〟で一番被害を受けたのは、間違いなく剛だろう。

 

【画像】

Malochka Mikalai / Shutterstock

【あわせて読みたい】