道端アンジェリカ“夫が恐喝で逮捕”に激震! 芸能界引退の危機か

道端アンジェリカ 

(C)まいじつ 

モデルの道端アンジェリカの夫で、韓国籍の飲食店経営者キム・ジョンヒ容疑者が、恐喝の疑いで逮捕されたと報じられた。キム容疑者と道端は2017年12月25日に入籍が発表されている。

報道によると、キム容疑者は今年8月、道端の知人男性に対して東京・渋谷区の会社事務所で「お前の家族をめちゃくちゃにしてやる、ウソをついたら鉛筆で目を刺す」などと脅し、現金35万円を振り込ませた疑い。現場には道端も同席していたことから、道端自身も取り調べを受けるという。

ネット上では「アンジェリカの夫って韓国人だったんだ。知らなかったわ」「また随分、いかがわしい一般人だなw」「同席ってなぁ。アンジェリカもおしまいだな」「本人も現場にいたの? ビックリだわ」など、驚きの声が上がっている。

「道端は過去に出演した番組で〝年収5000万円以上〟〝子どもはベビーシッターに見てもらう〟〝掃除をしたくないから、してくれる人を雇ってほしい〟などといった独自の結婚感を語り、ネット上で批判が集まっていました。実際に結婚を発表した相手が一般男性だったことで、『実はかなりのカネ持ちなのでは?』とウワサされていましたね。しかし、今回の事件で、たった35万円を恐喝していたことが発覚し、ファンを呆れさせています。道端も同席していたことから、場合によっては芸能界引退の可能性もあるでしょう」(芸能記者)

 

超セレブ志向でカネ持ち男に目がない

道端が結婚相手に求めた条件が高かったのは、姉のジェシカが14年に結婚したF1レーサーのジェンソン・バトンをうらやましく思っていたからともいわれている。ジェシカはその後、わずか1年でバトンと離婚しているが、現在は台湾系アメリカ人の富豪との間に子どもを授かっている。

「カレン、ジェシカ、アンジェリカの道端3姉妹は、物心つくころから母親に『モデルになりなさい』と英才教育を受けてきました。そのため、上昇志向がかなり強く、特に末っ子のアンジェリカは超セレブ志向で知られています。カネ持ちの男には今でも目がないといわれていますね。一昨年は持病の乾癬(かんせん)が悪化したり、骨折をしたりと散々でしたが、不運はまだ続いていたようです」(同・記者)

今後の警察の取り調べで、道端が事件に関与していたかどうかが明らかになるだろうが、ネット上では、夫のバーで道端と元カレがイチャイチャしていたのを、防犯カメラの映像で見た夫が激昂し、恐喝したとの情報も囁かれている。

いずれにしても、道端のイメージダウンは避けられそうもない。ファンは心配だろう。

 

【あわせて読みたい】