堀ちえみ“フェイクニュース”に激怒も「逆ギレですか?」と冷めた声

(C)ivector / Shutterstock

タレントの堀ちえみが10月2日、自身のブログを更新し、ネット上で事実無根の書き込みをされたことに苦言を呈した。

堀は《さまざまな誤解が生じていることを知り、驚いております。主人が飲酒運転をしたかのようなネット上の書き込みが拡散していますが、日頃から主人は決してそのような行為は致しておりません。日曜日は娘の運動会に行った後、1時間半かけて主人の運転で戻り、夕飯を食べに行きました。主人はお酒を飲んだので、私が運転を代わって、子供と一緒に自宅に戻ったということです》などとコメント。夫の飲酒運転疑惑に反論した。

「堀が反論する気持ちは分かりますが、詰まるところ、時系列をきちんとしないまま投稿したことが原因だったと言っていいでしょう。堀の最初の投稿は、酒の写真とともに『主人はハイボールをキューっと』と書き込まれていました。そして、その2時間後の投稿で『帰りの車の中では、ちょっとだけうとうとしてしまいました。主人が頑張って運転してくれていたので、なるべく寝ないように、頑張っていましたが…』と書かれています。これでは誤解を招くのも仕方ないでしょうね」(芸能記者)

 

このブログを正しい文脈で読み取れるヤツはゼロ説

ネット上では、

《紛らわしい書き方すんじゃねーよ!》
《自分が適当に書き散らかして、逆ギレですか?》
《わざわざ警察にまで行くか? まず謝るのはお前》
《名誉毀損で被害届出す相談してきたってさ。何だこいつ》
《ここまで自分の非に対する謝罪は一切なし》

など、非難轟々だ。

「警察にドライブレコーダーの記録を持っていき、飲酒運転を否定したことまでは理解できますが、記事を上げたネットニュースや拡散した人に対して、名誉毀損など被害届の相談をしてきたというのは、やはりやり過ぎじゃないでしょうかね。自分があやふやな書き方をしたことをまず詫びるべきでしょう。今までも、堀に対しては『毎日ブログに精を出してないで、きちんと病気療養した方がいい』と心配する声が上がっています。今回の件で、今まで以上に辛らつな意見が出てくるんじゃないでしょうか」(同・記者)

最近はフェイクニュースが社会問題になっている。同じ2日には週刊誌のネットニュースが、元俳優の成宮寛貴の芸能活動復帰を伝えたが、翌日、本人が「あれはフェイクニュースです」とインスタグラムに書き込み、配信元が謝罪する一幕もあった。

情報を発信する側だけでなく、受け取る側も十分に意識して、あいまいな情報を拡散しないよう気を付けたいものだ。

 

【画像】

(C)ivector / Shutterstock

【あわせて読みたい】