DAIGO出馬はカムフラージュ!? 安倍首相の大本命は『北川景子』説

北川景子 

(C)まいじつ 

タレントのDAIGOが自民党から選挙に出馬する可能性があると、一部女性誌が報じた。その理由は、安倍晋三首相が小泉進次郎環境大臣の〝対抗馬〟として考えているからだという。

「安倍総理は進次郎氏の人気を考えて大臣にしたものの、実際には進次郎氏が嫌い。反原発だし、過去二度の総裁選で進次郎氏が〝反安倍〟の石破茂議員に投票したことを根を持っています。総理として手駒の中に、進次郎氏のような〝政界タレント〟を持ちたいと考えているのです」(政治ライター)

DAIGOの母方の祖父は、言わずと知れた第74代内閣総理大臣の竹下登氏。また、政界のドンといわれた金丸信氏、小沢一郎衆院議員とも親戚関係にあり、いつ政界入りしてもおかしくない。

「知名度は抜群だし血筋もいい。また、育ちがいいせいか礼儀正しく、タレントとは思えないほどマトモだといいます。ロクに政策も言えない元『SPEED』の今井絵理子政務官よりは数段マシでしょう」(芸能記者)

早ければ、来年の五輪前後の衆院選もあり得るとか。また、次回参院選で自民党に逆風ならば、今井議員を降ろし、DAIGOという手もある。ただし、

「DAIGOの政界入りは以前からウワサされています。でも妻の北川景子が止めている状態。性格的にひ弱なDAIGOでは、政治家は苦しいと思っているようです。彼は人を押しのけて、という感じではないからです」(同・記者)

 

政界向きなのは妻の方?

実は安倍総理の本当の狙いはDAIGOではなく、妻の北川の方だという。

「北川の父親は重機械工業の防衛・宇宙部門のナンバー2。戦闘機や戦車を開発・製造し、自衛隊に納める、日本の防衛産業のシークレットを握る技術者です。来年にもトップになるといいます。その娘の北川に白羽の矢を立てたいというのが本音です」(前出の政治ライター)

北川は関西の名門女子高を経て、明治大学を卒業している。

「彼女は高校から芸能活動をしていましたが、売れないことを考えて明治に進学したといいます。明治ならば一般企業の人気も高い。非常に考えがしっかりしています。父親を含め、安倍総理は北川を非常に買っているといいます。選挙に出すなら北川の方でしょう。総理の言う『女性が輝く社会』にピタリ合います」(前出の芸能記者)

確かに、北川の方が魅力的なのは間違いない。

 

【あわせて読みたい】