『TKO』木下だけじゃない!楽屋騒然…お笑い芸人“ブチギレ暴力”事件簿

藤本敏史 

(C)まいじつ 

お笑いコンビ『TKO』木下隆行の〝クズエピソード〟が話題になっている。『週刊大衆』10月7日号では、事務所の先輩『よゐこ』濱口優の結婚を祝うパーティーを企画して後輩芸人からお金を集め、それをチョロまかしたと報じられた。木下は後輩から集めたお金の行方について指摘を受けると、逆上してペットボトルを投げつけ、後輩に目元が腫れるほどのケガを負わせたという。

また、『女性自身』WEB版の10月1日付配信記事では、木下が『安田大サーカス』クロちゃんに土下座させ、革靴で頭を踏みつけた揚げ句、飲み会でもクロちゃんに罵詈雑言を浴びせたと報じられている。怒りのきっかけは、ドッキリ企画。ドッキリなのにマジギレするという芸人とは思えない行動に出たらしい。

ちなみにクロちゃんに暴力を振るったのは、木下だけではない。9月11日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、クロちゃんは同じグループの団長から暴力を振るわれることを明かしている。

 

日頃溜め込んだ怒りが爆発?

小心者キャラとしても知られる『FUJIWARA』藤本敏史も、実は暴力的な一面があるという。ある日、有吉弘行から後輩の『平成ノブシコブシ』吉村崇とどちらが仕事が多いのか? というイジりを受けた際のこと。藤本は仕事の少なさを認識しつつ、冗談っぽく「俺は休みないねん、テレビでよう見るやろ?」と返したが、そこで吉村が「藤本さんの出るテレビって吉本制作のテレビだけですもんね」とイジったことで怒りが爆発。吉村の口をつかんで「お前調子乗んなよ」とスゴんだという。

藤本によると、怒りが爆発した原因は、それまでに何度も吉村が失礼な振る舞いをしていたこと、そして「吉本制作のテレビにだけ出演」という〝面白くないイジり〟をしたことだそうだ。

一方で、その吉村も暴力を振るったことがある。ブチギレた相手は、同期の『ウーマンラッシュアワー』村本大輔。吉村は村本の暴露トークやイジりNGの姿勢に不満がたまっており、そんな中で給料をバラされたことで爆発。楽屋で吉村は村本の首をつかんで「お前いいかげんにしろよ」と一喝し、それから絶縁状態で一時は共演NGになっていたという。

テレビの前では、どんなにキツイ仕打ちを受けても明るく振る舞っている芸人たち。しかし、心の中では怒りの炎を燃やしているのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】