高岡早紀“アップでシワくっきり”に同情の声「放送事故だろ」「番組が悪い」

高岡早紀 

(C)まいじつ 

女優の高岡早紀が10月3日、特番『FNSオールスター秋の祭典』(フジテレビ系)に出演。番組内でスタジオが暗転し、高岡の表情がアップになる一幕があり「シワが目立つ」「放送事故だ」と視聴者は大騒ぎしていた。

高岡は公式インスタグラムで自身の顔をたびたびアップにして公開している。3日の投稿では前髪を下ろして微笑む自撮り写真をアップ 。これにはファンから、

《いつも素敵過ぎ》
《どうしてこんなにも色気がおありなんでしょう》

などと、特番出演をねぎらい、高岡の美貌を称える声が続出している。

 

スタジオ暗転、スポットライト浴びた高岡の顔がアップに…

同特番では、10月5日スタートの土曜ドラマ『リカ』(同系)で主演を務める高岡が、共演者の小池徹平や大谷亮平とチームを組んでゲームに挑戦。番組中盤、高岡らがストップウオッチを手に持ち、画面を見ずにピタッと10秒(9秒00〜10秒99)で止める企画に臨んだ。

高岡が時計を手にスタジオ中央に陣取ると、スタジオは主照明を落とし、顔を目掛けてライトを当てた。カメラはやや下から高岡の顔をアップに。目を開けたまま、集中力を研ぎ澄ませる高岡は時計を10秒46で止めた。ミッションをクリアし、観客は高岡に拍手を送っていた。

だが、視聴者の注目は高岡の顔に集まってしまったようだ。アップになった高岡の額、頬、まぶたが明るく照らされると、深いほうれい線やシワ、目元がくっきりと見えたと視聴者は指摘している。

《ストップウオッチのときは寄り過ぎて放送事故レベルだったと思う。。シワが語る、厚化粧。。》
《高岡早紀、アップにするとシワスゴいな》
《あんなにきれいな高岡早紀でもシワも小ジワもあるんだ》
《女優さんなんだから少しはどうにかしたらいいのに》

ただ、高岡には同情の声も集まった。スタジオを暗転させ、高岡にスポットライトを当ててアップで映した番組サイドに配慮を求める視聴者が続出している。

《高岡早紀のドアップちょっとした放送事故だろ》
《高岡早紀をあんまりアップにしないでさしあげて、、シワが》
《カメラアップで映すのやめてあげて〜これは番組側悪い!》
《高岡早紀のアップでのシワ、かわいそ過ぎた》

番組の演出が災いする形となってしまったようだ。

 

【あわせて読みたい】