打線強化か投手陣てこ入れかを迫られる阪神金本監督のドラフト1位への苦悩

金本監督の挙げた敗因は“打線”でした。若手が出てきても好調さが持続できないことが一番の悩みだと言ったそうです」

しかし、金本監督は四藤社長らの即戦力投手獲得案にも一定の理解を示している。大学4年生の22歳、つまり、エースの藤浪晋太郎と同い年で、ライバルとなる投手を獲れば、チーム内の競争が活気づくと考えているという。

昨年のドラフト会議で1位指名をした高山俊は、直前に金本監督が要望して決定に至ったのだという。今回の会合では意見はまとまらなかった。投手陣の競争助長か、打線強化か。今年のドラフト会議も最終決断は金本監督に託されることになりそうだ。