森咲智美“超絶エロショット”に悶絶声殺到「不適切過ぎる!」

女性アイドルグループ『OS☆U』の元メンバーで、グラビアアイドルの森咲智美が10月3日、自身のインスタグラムを更新。バストトップが見えそうな〝ギリギリ〟エロショットを公開した。

森咲は10月28日発売予定のセカンド写真集『812/15934』から1枚をピックアップし、「Amazonにて予約開始しました!」とアピール。

すると、ネット上では、

《うわ~、超絶エロエロじゃねーかよ!》
《これはたまらんな。写真集楽しみ》
《この人の身体、マジでエロいよね。生で拝みたいw》
《正直、この人のインスタ〝抜けます!〟》

など、男性ファンを中心に歓喜の声が上がった。

「森咲は9月27日に放送されたAbemaTV『アベマde週末ボートレース~Friday~』に生出演した際、『(おっぱいは)いつから大きいの?』というセクハラまがいの質問に『中学生のころからパンパン』と答え、『ブルマーをはくと(男子を意識していると)女子たちからニラまれた』と赤裸々に告白しました。共演者がニヤけていたのが印象的でしたね。また、ボートの石塚久也選手の買い目の話になると、突如『38歳って結構、おいしい』と意味深発言し、視聴者を色めき立たせました」(芸能記者)

 

SNS投稿がことごとく不適切認定

森咲はもともとレースクイーンをしていたが、2010年にアイドルに転身。昨年にはキネマ旬報社が主催する『グラビア・オブ・ザ・イヤー』のグランプリを獲得し、大きな話題になった。また、ツイッターやインスタグラムに投稿する写真がことごとく〝不適切な内容が含まれる〟認定を受けてしまうことから〝不適切女子〟を自称している。

「とにもかくにも、これでもかと言うほどの過激ショットを売りにしており、本人もサービスに余念がありません。〝#ただアイスを食べるだけの動画〟は、ほぼ裸に近い水着姿のまま、男性器に見立てたアイスを食べる姿に男性ファンが狂喜しました。あえてヌードにならずギリギリのエロを追求することで、かつて流行した〝着エロ〟を再燃させましたね。インスタの更新を楽しみにしているファンも多いですよ」(同・記者)

〝愛人にしたい女〟として知られる橋本マナミから、自身のキャッチフレーズの使用を公認されたという森咲。これからも男性ファンを大いに喜ばせてほしいものだ。

 

【画像】

nudethaimodel / Shutterstock

【あわせて読みたい】