宇垣美里“10月改編”出番ナシも「セクシー写真集」は待ったなし!?

宇垣美里

(C)まいじつ

フリー転身で引く手あまたと思われた元TBSアナウンサーの宇垣美里が、どいういわけか大ピンチだ。「このまま消える可能性も出てきた」などとまで囁かれているという。

「今年の4月からフリーに転身したものの、この半年の間、テレビのレギュラーはなし。10月の改編期後もレギュラーの話は聞こえてきません。当初、宇垣サイドは『半年間は様子見』と言っていたので、10月以降は手応えがあるのだと考えられていました。しかし、所属事務所のホームページでも、10月以降のテレビなし。4~9月の間は一応、単発はあったのですが、それもなくなった。テレビ界では不要と判断されたのかもしれません」(女子アナライター)

いろいろなところで書かれているが、宇垣は局から仕事を〝剥奪され〟退職を決意したというのが定説。本人もよほど悔しかったのか、フリーになった直後に他局のバラエティー番組で「(TBSは)民度が知れる」と、古巣へ怒りの口撃。しかし、これには〝タブーな意味〟があったともいわれている。

「〝民度〟という言い方は、他国人に使うことが多い。何を指して言ったのか真偽は分かりませんが、局内の一部の人間たちに対する許せない表現だと受け取られた可能性もあります。局批判というより、個人批判というわけです」(番組制作会社関係者)

 

執筆依頼は写真集の“撒き餌”?

何はともあれ、勢いに任せた発言が好影響をもたらすはずはない。

「公然とテレビで批判したわけですから、他局としても使いにくくなった感は否めません。そのあたりのところに目をつむり、宇垣の魅力を前面に出したい番組をどこかの局が始めない限り、なかなか手が出せない。キッカケが必要なのです」(テレビ雑誌編集者)

そうした状況の中、出版関係の仕事の方は増えているという。

「複数の出版社が、宇垣に雑誌や雑誌サイトで執筆させています。意図はミエミエで、それらの出版社は、どこも写真集を出しています。各社、セクシー写真集の〝撒き餌〟として執筆依頼しているのでしょう。脱げばテレビの依頼も殺到するはずですよ」(出版関係者)

外野から見れば、まさにピンチ。ここは大きな〝決断〟を期待したいものだ。

 

【あわせて読みたい】