工藤静香“腰をスリスリ”写真に「下品」「キモい」と批判殺到

工藤静香

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

歌手の工藤静香が10月7日に更新したインスタグラムの投稿が批判を浴びている。

この日、工藤は、

《会うたびに走り寄り、私の足にしがみつき、顔をスリスリしてくれるワンちゃん かわいくて撫で撫でしたらアムちゃんがなんと!威嚇をしてその子をどかし、マネをしようと試みました笑笑》

こんなコメントとともに、愛犬の散歩中の出来事を報告。さらに、

《注、腰を振られているわけではありません。ワンちゃんも焼きもちを妬くのです》

とオマケを付け、犬好きの工藤らしい顔をのぞかせた。

 

「誤解されるような写真を上げるな」

この投稿に、ファンからは、

《アムちゃん静香さん大好きなんですね 皆から愛されてる~》
《わぁ~かわいい子ばかり囲まれてうらやましい うちのわんこも静香さんにお会いしたらこうやって寄って来ますよ~》
《アムちゃん子供みたいでカワイイですねー ヤキモチも何だか飼い主冥利に尽きる気がしてうれしいですね》

など、微笑ましい姿をうらやむような声が相次いだ。

しかし、匿名掲示板では、

《腰を…気持ち悪い》
《いろいろダサい人だけどこのコメント最高にダサくて下品ね》
《キモいこと書くなよ。誤解されそうなら誤解されるような写真を上げるな》
《「腰を振られているわけではありません」って?!エッ、どういう意味? 何を言っているのか分からない》

などと、工藤の〝オマケ〟の一言に対して批判的な声が殺到してしまった。

「犬のマウンティングは〝咆える〟〝噛む〟などと同じで、飼い主がしつけによってやめさせるべき行動の1つです。工藤さんのように〝ヤキモチ〟として笑っているのは、あまり感心できませんね」(ペット雑誌編集者)

何はともあれ、SNSのコメント1つでここまで話題になる工藤は、やはり大スターなのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】