キンプリ平野紫耀の“天然発言”にウンザリ「さすがにやり過ぎ」

King & Prince  平野紫耀 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

新舞台『ジャニーズ・アイランド』の制作発表に、主演を務める『King&Prince』平野紫耀、永瀬廉、高橋海人が出席。もはやおなじみとなった平野の〝天然発言〟だが、今回の発言については少々〝やり過ぎ〟だとして、ネット上では心配する声が多く上がっている。

今年12月8日から来年1月27日まで、東京・帝国劇場で上演される同舞台は、7月に亡くなった『ジャニーズ事務所』元社長・ジャニー喜多川氏が作・演出を務めていたもの。当時、演出補佐だった滝沢秀明氏は、ジャニー喜多川氏の並々ならぬ「King&Prince」への期待をくみ取り、今回のキャスティングにつながったという。

同舞台のテーマは〝地球の尊さ〟と〝平和への希求〟、〝子どもたちの未来の無限の可能性〟の3つで、子供たちが1年12カ月の先にある〝13カ月目〟の理想郷を目指して宇宙の旅に出るという壮大な物語だ。

永瀬は「2020年はオリンピックイヤー。外国の方に届くパフォーマンスをしたいです」と意気込みを語る一方で、平野に対し「紫耀に関しては、マジで〝13月〟があると思ってたからね」と、平野の天然ぶりを暴露。焦った平野は、とっさに「うるう年的なやつかと思った」「いろんな人に(13月の存在を)聞いた」と、いつものように〝天然発言〟をさく裂させ、会場の笑いを誘っていた。

 

自分でもどこまでやっていいのか分からなくなる

この発言にネット上のファンからは、呆れつつも温かい声が続出。しかし、大方の反響としては、

《いやさすがにこれは…ビジネス天然丸分かり》
《わざとらしいわ。小学生レベルでもそんな間違いはしないで》
《いつまで天然キャラ貫くつもりなんだろう》
《もうここまで言っちゃうと本当に精神科で診てもらった方が良いよ》
《アイドルと言えど、これはない。ただのヤベー奴》
《天然と教養がないのは別。天然狙ってるとしてもやり過ぎ》

などと、厳しい声が多く上がった。

「平野はこれまでも『21年間うどんを噛んだことない。飲み込んでいる』『やってみたいバイトはバイトリーダー』『座右の銘はみずがめ座』など、ことごとく斜め上の発言をしています。多少演技が入っているからこそ、自分でもどこまで天然のフリをしていいのか分からず、結果、今回のように〝ただのヤバイ人〟になってしまったのかもしれません」(テレビ誌ライター)

見た目は正統派だが、中身はイロモノ。今のキャラが〝黒歴史〟になるような大活躍を期待したいものだ。

 

【あわせて読みたい】