福士蒼汰の“ナレーション”に騒然「ここでも棒」「ヘタ過ぎて萎える」

福士蒼汰

(C)まいじつ

俳優の福士蒼汰が10月9日に放送された『ワールド極限ミステリー レギュラー初回4H SP★ジョンベネ事件に衝撃の真犯人!』(TBS系)に出演。アフレコを披露したのだが、俳優にあるまじき〝ヘタさ〟にネット上では「ナレーションでも棒読み」などと、落胆の声が多く上がっている。

同番組は、世界で実際に起こった衝撃の事件にまつわる〝極限ミステリー〟を推理する人気バラエティー番組。これまで不定期に放送されていたが、今回から待望のレギュラー化。初回は4時間スペシャルで放送された。

同番組の名物企画といえば、かわいい犬や猫などの動物を紹介する「胸キュンアニマル動画」。このコーナーでは、動物の心情を表したナレーションを出演ゲストが吹き込んでいる。

今回、記念すべき初レギュラー放送でナレーションに挑戦したのは、10月11日から放送開始の同局ドラマ『4分間のマリーゴールド』で主演を務める福士蒼汰と、和田アキ子のモノマネでおなじみのMr.シャチホコの2人。

「Mr.シャチホコは抑揚をつけて上手に読み、ナレーターかと思うほどの出来栄え。一方で福士は、持ち前の美声は発揮されていたものの、全体的に映像とのタイミングが悪く、かむことも多かった。そして抑揚も少ないので〝棒〟に聞えましたね。福士には演技のうまさを、シャチホコには面白さを求めてのキャスティングでしょうが、とんだ〝計算違い〟になってしまいました」(芸能記者)

 

番宣のつもりが逆効果に

実際にネット上でも、福士のナレーションに対して、

《いきなりの福士蒼汰の棒でビックリ》
《福士蒼汰ってナレーションでも棒読みね》
《福士蒼汰読むのヘタ過ぎて萎える》
《こんな棒読みナレーション初めて聞いた》
《福士蒼汰こりゃもう人気上がらないわ》

などと落胆する声が続出。新ドラマの宣伝でゲスト出演したにもかかわらず、大きな痛手を被ってしまったようだ。

もしかしたらMr.シャチホコが、異様にウマかっただけかもしれないが…。

 

【あわせて読みたい】