因果応報!?『NGT48』疑惑メンバーの“誕生日ツイート”が切ない…

(C)WAYHOME studio / Shutterstock

『NGT48』の山田野絵が、10月7日に20歳の誕生日を迎えた。しかし、なぜかメンバーからはあまり祝福してもらえなかったようで、山田の切なさが目立っている。

山田は誕生日当日から2日たった9日にツイッターを更新し、《NGT毎回恒例のサプライズで、ケーキをいただきました! ありがとうございます》と投稿。メンバーに囲まれながら自身がケーキを持つ画像も添え、《お祝いしてもらえるのとってもうれしかったです ケーキもおいしかった》と喜びをつづっている。

しかし、画像に写ったメンバーは5人しかおらず、山田自身も、

《現場には他にも何人かメンバーはいたものの、この5人だけ集まってくれました》

と、泣き顔の絵文字を使って寂しさをアピール。よほど堪えたのか、一文からは画像に入ろうとしなかったメンバーへの皮肉も感じ取ることができ、せっかくの誕生日に不快な思いをしたのかと心配にすらなってくるツイートだった。

 

かわいそうな山田一派!?

「画像に写っていたのは、暴行被害を受けた末にグループを卒業した山口真帆と〝敵対していた〟といわれているメンバーばかり。加藤美南は山口を馬鹿にするようなインスタグラム投稿をして研究生に降格されていますし、太野彩香は事件後に山口がツイッターのフォローを外したことから、ファンの間で『事件に関与していた』と見られるようになってしまった〝疑惑メンバー〟です。当の山田も山口とはフォロー関係になく、事件後の千秋楽公演では《これからNGTとしてもっとビックになろうね!!!》とツイートして『状況を考えろ』と炎上しています」(アイドルライター)

この、山田の誕生日画像に写ったメンバーが5人しかいなかったことと、他のメンバーが写りたがらなかったことから導き出される答えとは…。

「山口のいない今も、いまだにグループ内はギクシャクしているということでしょう。今回写っていた5人が〝疑惑メンバー〟〝反山口派〟といわれる者ばかりだったことから、グループ内で『疑惑メンバーに絡むのはやめておこう』というある種の自浄作用が働いていることがうかがえます。いわば因果応報のようなもので、除け者同士でツルまなければならない悲哀が伝わってきます」(同・ライター)

どこかで連鎖を断ち切らなければ、報復し合うだけではより憎しみを増すだけだ。疑惑メンバーもそうでないメンバーも、互いに歩み寄ってほしいものである。

 

【画像】

WAYHOME studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】