浜崎あゆみ“台風注意”インスタにツッコミ続出「アヒル口で言われても…」

画/彩賀ゆう

甚大な被害をもたらした台風19号。危険の迫っていた10月11日、歌手の浜崎あゆみが自身のインスタグラムに《我が家は今朝からみんなで絶賛台風対策中!!!!!!》と報告。《みんなは何か対策していますか? 大きな被害などがなく過ぎてくれるといいんだけど…とにかく早め早めの備えと、後はできるだけ外出など控えられるといいですね》などと、外出を控えるよう呼び掛けた。

すると、匿名掲示板には、

《もうとりあえず黙っとけ!》
《そんな顔で気遣われてもw》
《その口やめろやおばはん》
《アヒル口で言われてもねぇ》
《台風対策でシュプリームのニットを強調するのね》

など、批判的なコメントが殺到。赤いニット帽にグレーのパーカー、なぜか口を尖らせた自撮り写真にツッコミが相次いだ。

 

「絶賛」の使い方がおかしい

他にも、

《「絶賛」という言葉はこういうときに使う言葉ではないよ。散々曲書いてきてそんなことも分からんのか》
《東日本大地震のときもツイッターで大はしゃぎしてたし、何でいつも災害時にお祭り騒ぎみたいにテンション高いの?》
《絶賛って、良い状況のときに使う言葉だもんね。やっぱどこまでいってもバカはバカだよね》
《こういうときいくら対策してるからって絶賛とかいうの違うよね。前の台風のときに千葉で大きな被害出てるのに軽く感じる》

などと、「絶賛」の使い方がおかしいとの指摘も受けてしまった。

この日はたまたま『金曜日のスマたちへ』(TBS系)で、浜崎の自伝的小説『M 愛すべき人がいて』の特集が放送されたため、こんなコメントも投稿されていた。

《苦労人アピールが響かないw》
《何百何千増しの美化してるのこれw 王子様に見初められた私のシンデレラストーリーってかw》

など、すっかり笑いのネタ扱いまでされる始末…。どうやら浜崎は〝イタい人〟になってしまったようだ。

 

【あわせて読みたい】