花田優一YouTubeチャンネルが衝撃的!“暴言吐きまくり”でコワ過ぎる…

花田優一 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

自称靴職人兼タレント・花田優一のYouTubeチャンネルが〝悲惨〟だと、ネット上で話題になっている。

「花田は10月4日、自身のチャンネル『花田優一のナマイキですみません』の配信を開始しました。毎週金曜日の21時に更新するようです。通常、有名人の動画配信であれば、それなりの視聴回数を稼げるのですが、2本配信したところで、初回1280回、2回目が330回程度と散々な状況です。しかもチャンネル登録者数に至っては、わずか81人(10月16日現在)と、むしろ、誰が登録しているのか逆に興味が湧いてくるような状態です。始めたばかりなのに、すでに風前のともしびですよ」(芸能記者)

それもそのはず、実際に動画を見てみると花田が暴言を吐きまくっているだけのヒドい内容…。

「ユーチューバーってはやってるでしょ。稼げるみたいな。便乗しているのがすげー嫌で絶対やりたくなかった。ユーチューバーじゃねえよ、バカ野郎!」

などと、動画配信しているにもかかわらず、まさかの〝全否定〟。一体、何がしたいのかさっぱり分からない。

 

YouTubeの一番ダメな使い方

ネット上では、

《何だこいつ。気持ち悪い自分語りかよ》
《そもそも顔と声からしてキモい。自ら評価下げてるとしか思えない》
《ほとんどビョーキでしょうね。真面目に靴作れよ!》
《金もうけもくろんで失敗したでござるw》
《つまんねー動画なんか作ってないで、バックオーダーを早く処理したら?w》

など、酷評の嵐が吹き荒れている。

「動画の中身が面白ければいいのですが、結局、しゃべっていることは自分がいかに正しいかということと、周囲に対する愚痴ばかり。本人は芸能人としてやっていきたいようですが、親の七光以外は何の取り柄もありません。すべてにおいて〝中途半端〟だったということが、あらためてこの動画で露呈してしまいましたね」(前出の記者)

今ではすっかり芸能界からもお呼びがかからず、肝心の靴職人も開店休業状態。「この期に及んでユーチューバーですよ。終わったもんですよ。廃れましたよ、花田優一も」と自虐コメントを発した花田だが、見向きもされないのだから完全に詰んだと言っていいだろう。

もはや最後の頼みの綱は、絵画の販売と母親の庇護だけとなってしまいそうだ。

 

【あわせて読みたい】