小嶋陽菜“太もも全開”にツッコミも全開「下半身ドーン!」「親近感湧くww」

小嶋陽菜 

(C)まいじつ 

元『AKB48』の〝こじはる〟こと小嶋陽菜が、10月12日に発売された女性ファッション誌『sweet』11月号の表紙を飾った。

小嶋は、ヒップラインと太ももがあらわになったレオタードに身を包み、メリーゴーラウンドに乗ってこちらを見つめるセクシーなショットを披露。ポールに寄せた胸や若干ハイレグ気味になった下半身も色気ムンムンで、女性誌でありながら下心を刺激されるインパクト満点な表紙となっている。

小嶋が9日に自身のインスタグラムで表紙画像を公開すると、瞬く間に6万件を超える〝いいね!〟を獲得。発売後の16日にはツイッターで店舗限定版の表紙も公開し、こちらではハイレグ気味のVラインが一層オープンになっている。フォロワーからも、

《えっちですき。かわい過ぎてスクショした》
《最高にセクシーでかわいいです》
《足の付け根のラインて個人的にすごくたまらんポイントだと思います!!》

などと大好評だ。

 

謎のデザインに「オムツが見えてるみたい」

一方、Vラインからひらりと謎のレースがハミ出たデザインには、

《パンツはみ出て見える》
《オムツが見えてるみたい》
《ファッション誌なのに何でスカートはかせないの?》
《ハミパンに見えるのは何?》

などのツッコミが。またムチムチで色気を放つ体型に対しても〝度が過ぎる〟といった感じの声が多く、

《下半身ドーーーーンって感じだね》
《修正してこの太さなら、実物かなり太いんじゃ…》
《ものすごく親近感が湧く太ももだわww》
《二の腕や肩周りが太くないからデブに見えないのがうらやましい》
《2、3人は産んでそうな肉付き。特に下半身》

などといった反応も見られている。

ファン層が見て興奮するグラビアと、女性誌で見せる色気はまた異なるもの。こうしたミスマッチが奇妙な反響を呼んでしまったのだろうか。

 

【あわせて読みたい】