はあちゅうの子育て論“新法律”提案が物議「そんなの家で話し合えよ!」

はあちゅう 

(C)まいじつ 

ブロガーのはあちゅう氏が10月16日、自身が記事を連載している『月間はあちゅう』で独自の〝子育て論〟をつづり、物議を醸している。

はあちゅう氏は「3歳児以下の子供を持つ父親の夜の外出を法律で禁止してほしい」というエントリー記事を投稿。記事の中で、内縁の夫でセクシー俳優のしみけんが、24時を過ぎても帰宅しないことを明かし、

《出掛けた時間からして、22時半には帰ると思っていたのに時計は24時を指そうとしていて、夜になると泣きやまなくなる息子を2時間抱き、あやし続けた私の腕も肩も手首も腰も集中力も限界だった》

と告白。大好きな旦那を恨みながら子育てをするくらいなら、《夜23時以降の外出は法律で禁止してほしい》と独自の子育て論をぶち上げた。

ネット上では、

《分かります。ほんといてほしいときに旦那っていないよね》
《旦那さんも付き合いがあるんだろうけど、子どもが小さいうちは家にいてほしい》
《これは男には分からない妻の切実な思いですね》

など、共感の声が上がった。

 

労働者に朗報!夜勤は違法!

しかし、一方で、

《そんな個人的なこと内縁の夫と話し合えよ!》
《家庭内でルール作ればいいだろ。法律で禁止ってw》
《すいません。うちの夫、今日は夜勤なんですけど罰せられちゃいますかね?》
《そもそもあなたたちただのカップルじゃん…》
《内縁の夫でただの同居人でしょ。何言ってるの》

などと、批判の声も殺到している。

「はあちゅう氏は、7日にはツイッターで〝家事代行サービス〟を1時間2000円プラス交通費で頼んだことを明かし、『払う側として高いなんて思えないくらい完璧な仕事ぶり。(もっと頼みたいのに予約埋まっちゃってる…)』とつづっていました。しかしその裏で、家事代行業者のブログ広告に登場していたことが判明。結局、ただの宣伝だったと呆れられていましたね」(ネットウオッチャー)

はあちゅう氏の炎上商法は、相変わらずキレキレのようだ。

 

【あわせて読みたい】