耳から離れない…謎の“CMソング”に困惑の声続出「すげえインパクト」

『すまいーだ』などで知られる不動産会社『飯田グループホールディングス』の子会社である『タクトホーム』が、10月からテレビCMを流している。しかしネット上では、CM内で流れているCMソングとそれを歌う男性ボーカルに、あまり良い評価が上がっていないようだ。

同CMは15秒~60秒までの3パターンがあり、同社のYouTubeチャンネルではすべての動画が公開中。さらに、撮影風景をまとめた6分ほどのメーキングもアップロードされており、4分45秒からはCMソングのみを視聴することができる。

有名タレントを起用することなく、家族の雰囲気や歌で企業イメージを伝えている同CM。しかし、甲高い声や独特の歌い方が目立つこのCMソングに対して、ネット上では、

《なあ、タクトホームのCMの歌、何とかしようよ》
《タクトホームのCM誰歌ってん?? すげぇインパクト》
《タクトホームのCM気持ち悪いな》
《タクトホームのCM歌ヘタ過ぎ…》

などといった声が続出している。華を添えるはずの歌に対して、あまりいい意見が見られていないのだ。

 

謎過ぎる歌い手に「社長の身内説」も

動画によると、CMソングを歌っているのはKOSEIこと熊野恒生。これからメジャーデビューを目指す将来有望な16歳とのことだが、その正体についてはほとんど謎に包まれている。

「一応、検索するとぼちぼちとは情報がヒットしますが、それが本人であるとの確証は今のところありません。おそらく、歌手としてはこれが本当に初仕事で、歌手の卵のさらに一歩手前といった立場なのでしょう」(芸能ライター)

歌唱力に対する意見と正体不明であることが合わさったことで、ネット上では、

《タクトホームという住宅メーカーのCMソングは社長の身内か社員が歌ってるのかな》
《歌ってるのは誰? 社長の息子とかそういう系なのかしら》
《タクトホームのCMは、社員さんか誰かが歌っていらっしゃるのですか。 いえ、なぜそう思ったかは差し控えますが》

などといった陰謀論まで出る始末。思わぬ形ではあるものの、初めて世に出るような知名度にしては、かなり注目されていることが分かる。

謎の覆面歌手として歌がヒットすることも多いCMソングの世界。KOSEIもいきなり、その仲間入りを果たすことになるかもしれない。

 

【画像】

Cookie Studio / Shutterstock

【あわせて読みたい】