米倉涼子“性格悪過ぎ”エピソードにドン引き「初対面の相手に…」

米倉涼子

(C)まいじつ

現在放送中の『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)で主演を務めている米倉涼子に対して、テレビ朝日のエグゼクティブプロデューサーがとんでもないことを暴露してしまったと話題だ。

『ドクターX』は現在第6シリーズに突入しているが、第1話から視聴率は20%超えと絶好調。視聴率の低下が顕著なテレビ界において、異例の快進撃を続けている。

そんな同作を手掛けたのは、テレビ朝日のエグゼクティブプロデューサー・内山聖子さん。10月24日に公開された『女性自身』のWEB記事では、内山さんの独占インタビューを掲載している。

記事によると、内山さんと米倉の出会いは、2004年に放送された『黒革の手帖』にまでさかのぼる。内山さんは米倉に主演を頼もうとあいさつに行ったのだが、そこで米倉は10歳も年上の内山さんに対して、目も合わせることもなく「私、女性のスタッフ苦手なんですよね」と吐いたというのだ。

当然この発言にカチンときた内山さんだが、正直にものを言う米倉の姿勢を評価し、『黒革の手帖』の成功を確信。また、後から判明したことだが、そのとき米倉は体調が悪かったのだという。

 

医療技術のない大門=米倉

今は美談となったため、内山さんはインタビューでこれを明かしたのだろう。しかし、ネット上ではこの話に対して、

《具合が悪かったとはいえ、初対面の方にそんな物言いや態度を取る方なんだね。結構感じ悪いなぁ… ちょっとショック》
《美談にしようとしてるけど、初対面であいさつできないのはただ性格が悪いだけ》
《初対面の年上の人間にこんな口の聞き方をする人間なんて最低》
《体調が悪かったは後付けで、普段から態度が悪いんだと思う》
《体調悪いのと、『私、女性のスタッフ苦手なんですよね』は、何のつながりも持たないと思う》

などといった非難の声が多く上がっている。

「米倉涼子のワガママぶりは有名で、昨年『ドクターX』ではなく、新ドラマ『リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~』が制作されたのも、米倉が『もう医者はやりたくない』と駄々をこねたからだといわれています。しかし『リーガルV』の視聴率は思ったほど伸びず、また『ドクターX』に頼ることになったのです」(テレビ誌記者)

『ドクターX』の大門未知子は、演技ではなく〝素〟なのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】