吉高由里子“久々のオールヌード情報”に期待と興奮の声高まる

吉高由里子 

(C)まいじつ 

一部の芸能サイトが、女優・吉高由里子の〝12年ぶりのフルヌード〟の可能性を報じ、話題になっている。

「先ごろ、女子アナ界でも田中みな実がセクシー写真集出版を発表するなど、もはやセクシー&ヌードは女優、女子アナ問わず、必須アイテムです。特に吉高の場合、2008年に初主演映画『蛇にピアス』で、いきなりフルヌードになり、衝撃を与えました。当時、彼女はまだまだ無名と言っていい存在。この作品で、いきなり人気女優の仲間入りを果たしました。彼女の思い切りのよさと仕事に対する積極さは、当時から評判でした」(芸能ライター)

14年にはNHK連続テレビ小説『花子とアン』にも主演。実力とともに、そのおもしろキャラで、今や日本を代表する女優となった。

「ツイッターでよくメッセージを発信するのですが、それが私生活も仕事もゴチャゴチャ。でも、それが彼女らしくて楽しい。人気の秘密でしょう」(同・ライター)

 

好感度は高いが露出不足がネック

独特の好感度で人気を保ってきたが、このところやや下降線だ。主演のドラマも17年の『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)が平均視聴率11.4%、昨年の『正義のセ』(同系)が9.8%、そして今年の『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)が9.7%と、微妙ではあるが落ちてきている。

「ドラマは年1本、映画は1、2年に1本しか出ない。どうもアクセク働くタイプではないようです。だから、そのぶん話題性に乏しい。話題がなければ記事にするところも減るし、次第に人気に影響も出てきます」(同)

そんな背景もあるせいか、一気に浮上してきたのが「ヌード」説だという。

「08年、映画ですでにヌードになっています。当時は結構ヤセていましたが、今や完全なボリューム体型。非常にナマめかしいスタイルになっているはずで、まさに、みんなが待ち焦がれる〝熟れた女〟というわけです。今、31歳。年齢的にも話題的にも、脱ぐのにベストと言えるでしょう」(写真集編集者)

もし吉高が脱げば、近年ナンバーワンの売れ行きは確実と評判。ぜひとも実現してほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】