木村拓哉が謎の行動!? バレーさおりんと共演も「並んで立たない…」

木村拓哉 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

木村拓哉が10月24日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に出演。この日は元バレーボール選手がゲスト出演したが、そこで木村が取った行動が視聴者の間で物議を醸している。

木村は先週に引き続き、話題のドラマ『グランメゾン東京』(同系)で共演する沢村一樹とともにゲストとして登場。番組では、沢村が憧れる女性として、元バレー日本代表の〝さおりん〟こと木村沙織がゲスト出演。妻が178センチと高身長の沢村だが、身長184センチと大柄な沢村は高身長の女性を見上げた経験はないといい、ぜひ会ってみたかったという。

「一緒に並びたかったの!」と興奮した様子の沢村は立ち上がり、自身より1センチ背が高いさおりんと横並びに。「(女性を)見上げるってことがないんで…うわ、ドキドキする!」「実物を見るともっときれい」と大喜び、さおりんは口元を押さえて恥ずかしがった。一方で、木村は自席に座ったまま、沢村の笑顔を見つめていた。

 

バレー選手の妹はエスコートも…

さおりんは、木村の大ファンだという自身の妹をスタジオに呼んでいた。登場時から涙を流して大喜びしていた妹を見るなり木村は立ち上がり、妹のもとに駆け寄りエスコート。姉と比べてかなり身長が低く小柄な妹の手を腰に回し、スタジオまで誘導。木村自身が座っていた席に妹を座らせ、その隣に姉のさおりんを座らせた。

この後、姉妹を交えて番組を進行。自身のファンに〝神対応〟を見せた木村だったが、視聴者はさおりんの登場時には立ち上がらなかったにもかかわらず、妹の登場時には立ち上がったことを疑問に思ったようだ。この行動について、

《キムタクが絶対、木村沙織とは並んで立たない…》
《キムタクなぜ一緒に並ばない!!》
《キムタクは、エスコートするフリして、背の高い木村沙織を座らせるw》
《キムタク身長差バレないように座ったままだったりカメラクレーンで上から撮って身長ばれないようにしてる》

など、木村が身長を気にしたのではという憶測が飛び交っている。

さおりんと同等に身長の高い沢村一樹と共演している時点で、特に問題ないような気もするが…。

 

【あわせて読みたい】