私服でもこんな…“Hカップの有村架純”ちとせよしのに「キュン死した」

女優・有村架純似のルックスと97センチを誇る暴力的なバストで、「Hカップの有村架純」との二つ名でブレーク中のグラビアアイドル・ちとせよしの。彼女がツイッターにアップした画像が、水着でないにもかかわらず大好評を博している。

10月22日、ちとせは自身のツイッターに《よしの4連発》とタイトルを付け、4枚の画像をアップロード。着用していたのは私服と思われる地味めなニットカーディガン姿で、下乳や食い込みがあらわになった日頃のセクシー画像からは幾分控えめな印象となっていた。

しかし、自慢のHカップは着衣でも抑えきれないようで、Vネックになったインナーからは控えめながらも谷間が顔を出している。フォロワーたちは私服でも強調されるほどの爆乳に心奪われたのか、返信欄には、

《一発目で早くもキュン死でした笑》
《心臓がドキドキして…》
《ちょい見える胸の谷間がエエ》
《私服ごときの写真でいいねを押させるなんて大したもんですよ!》
《この私服の破壊力はマジでヤバいって!》

などといったコメントが寄せられることとなった。

 

佐賀の鉄工所から1年でこの地位に

「同画像はインスタグラムにもアップされていたのですが、こちらではブランド名の記載とタグ付けまで行われていました。もしかしたらブランドから衣装提供を受けたのかもしれませんが、そうなると、広告塔としてオファーを受けるほど知名度が上がってきた証しになりますね」(芸能記者)

ツイッターによると、ちとせは10月19日でちょうどデビュー1年を迎えたとのこと。1年前にはまだ佐賀の鉄工所で働いていたというが、このスピードでここまでの地位にのし上がったのは、本人のポテンシャルがそれだけ高かったことの証明だろう。

2年目にはさらなる飛躍が期待されるちとせ。その快進撃は、一体どこまで続くのだろうか。

 

【画像】

DK samco / Shutterstock

【あわせて読みたい】