寺門ジモン“仕事激減”の理由を本人が告白! スポンサーに対して…

寺門ジモン 

(C)まいじつ 

食通で知られる『ダチョウ倶楽部』の寺門ジモンが、10月13日放送の『マルコポロリ!』(カンテレ)に出演。美食に関するエピソードを明かした。

めったに行けないお店の予約が取れたときは、どんな仕事のオファーが来ても断っているというジモン。毎年11月は白トリュフを求めてイタリアに行くために完全オフだとか。

そんなジモンが『ダチョウ』メンバーと和菓子店でヨモギ餅の食リポをしたときのこと。本来、ヨモギを摘んでつくるべき餅が、ヨモギ粉を使用していることに気付いたという。

「京都で何やってんのと思ったわけ。伝統が残ってるところで、何を工業製品使ってんだと思って、カメラさんを厨房まで連れて行って、『ほらヨモギ粉だ!』ってパサってやった」と明かすジモン。しかしディレクターは「この番組のスポンサーです」と頭を抱えたそうだ。

 

一般人には超えられないグルメの頂き

MCの東野幸治がそのときの心境をジモンに聞くと、ジモンは「(スポンサーだろうと)関係ない」とキッパリ。続けて、「最近、もうテレビリポーターとして呼ばれない。おいしくないって言っちゃうから」と告白。「リポーターの仕事が減ってきたんですけど、どうだっていい。ウソをつくことで、おいしいよとか言って、違う人が行ったら『あれ普通』っていうのが嫌なの」と語った。

さらに彼女がカレーを作ってくれた際のエピソードを回想し、「にんじんを切ったり、たまねぎを炒めたりする間が違うって感じるわけよ、音で分かるから」と振り返り、「その念が伝わったんだろうね。ポタッ、ポタッって音がするから見たら、泣いていたの、作りながら。『あなたの気が私の手を止める』って」と振り返った。

ジモンは「だから、自分で作ってあげるって言うの」と笑っていたが、ここまでくると本物の〝グルメバカ〟だろう。

 

【あわせて読みたい】