羽生結弦“くまのプーさんシャワー”に批判「もういい年なんだからww」

(C)Iurii Osadchi / Shutterstock

フィギュアスケートのグランプリシリーズ第2戦カナダ大会が日本時間10月27日に開催され、羽生結弦が自己ベストを大幅に更新するフリー212.99点、ショートプログラム(SP)との合計322.59点をマークし、優勝を飾った。

SPでは昨シーズンと同じ『秋によせて』の曲に合わせ、冒頭の4回転サルコウを華麗に決めると、続く3回転アクセルも完璧に着氷。会場からは大きな拍手と歓声が送られた。

「ほぼ、ノーミスで演技を終えた羽生に対して、会場からは恒例の〝くまのプーさんシャワー〟が起こりました。海外のスケートファンからは『Pooh マイ・ゴッド!』の声も上がりましたね。投げ込まれたプーさんのぬいぐるみは200個以上あったんじゃないでしょうか。中には人間の等身大よりも大きなものもあり、会場からは驚きの声も上がっていました」(スポーツ紙記者)

 

「どんな成績だろうと、ただ投げたいだけ」

しかし、ネット上では、毎回繰り返される投げ込み行為に対し、

《何かムダだよな。拍手や声援だけでよくない?》
《いいかげんやめてやれよwww》
《どれ1つとして羽生が持って帰るわけじゃないだろうが》
《羽生ってもういい年だろ。いつまでぬいぐるみ抱いてるんだよw》

など、批判的な声も散見されている。

「毎回大量に投げ込まれるプーさんに対しては、批判の声も当然あります。本人が持って帰るわけにはいかないので、大抵は地元のファンにプレゼントされます。羽生本人も『とても幸せな気持ちになれるので感謝しています』とコメントしていますが、そもそも、リンクに物を投げ込めば氷上が傷つく可能性がありますし、危険物が仕込まれることも考えなければなりません。最終的に地元の子どもに寄付をするのなら、その分を基金にした方がいいと断言する関係者もいますよ」(同・記者)

運営関係者からは「もはやプーさんを投げ込むこと自体がイベント化している」「どんな成績だろうと、ただ投げたいだけ」など、厳しい声も聞こえてくる。

ファンにとっては恒例行事だろうが、羽生はもう24歳の立派な成人男性。いつまでもぬいぐるみに囲まれて喜んでいるファンタジーな男でいるはずはない、という〝現実〟を受け入れてあげたいものだ。

 

【画像】

Iurii Osadchi / Shutterstock

【あわせて読みたい】