高梨沙羅“顔の激変”が優勝より話題に…「もう完全に別人だわ」

高梨沙羅 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

10月27日、第61回NHK杯・スキージャンプ(夏仕様)が北海道の大倉山ジャンプ競技場で行われ、平昌オリンピック銅メダリストの高梨沙羅が優勝した。

高梨は2位で迎えた2回目のジャンプで、ジャンプ台記録となる131メートルを飛び、227.2点という高得点を獲得。本人は競技後のコメントで「2本目もなかなかうまくはいかなかったけど、結果的に距離が伸びたので気持ちは楽になった」と謙遜したが、これで3大会ぶり四度目の優勝となり、8月のサマージャンプから数えて国内4連勝となった。

競技の模様はテレビでも放送され、スポーツ紙など各メディアには表彰台でトロフィーを片手にはにかむ姿も掲載された高梨。しかし、ネット上ではその偉業もさることながら、かねて囁かれている容姿の変化にあらためて注目が集まってしまった。

 

飛んでいるのはジャンプだけではない?

「天才スキー少女として世間から注目を浴び始めたころ、高梨は無垢でかわいらしい少女といった印象で、その素朴さに引かれるファンも少なくありませんでした。しかし、20歳を過ぎたあたりから徐々に垢抜け始め、昨年ごろからは変わり過ぎた容姿に〝整形説〟がウワサされるように。そして今回のNHK杯でも、すっかり変わってしまった顔にネットがザワついたのです」(スポーツ紙記者)

実際、ネット上の声を見てみると、

《もはや別人だな》
《マジで聞きたいんだけど化粧だけでこの鼻になるの?》
《知らない人に入れ替わってる》
《いろんな意味でぶっ飛んでる》
《俺が知ってる高梨沙羅とはもう完全に別人だわ》
《プロとしての実力はすごいけど顔変わり過ぎ》
《もう誰も沙羅のスポーツの結果など見ていない。見ているのは不自然に変わったその顔面》

など、驚きや困惑する様子がうかがえる。とりわけ、純朴な印象から派手に変わった目には、「絶対にやっている」と断言する指摘まで見られている。

アスリートなら「カミングアウト」をしてもイメージダウンとはならなそうだが、このまま真相は闇の中なのだろうか。

 

【あわせて読みたい】