ファーストミットを付けた福留から垣間見える阪神タイガースの焦り

「今年にFA権を得ている選手には、オリックス・バファローズの糸井嘉男、北海道日本ハムファイターズの陽岱鋼、中日ドラゴンズの平田良介と大島洋平といったように、外野手に有力選手が多い。阪神は彼らがFA宣言をすれば、獲得に乗り出すとみられています。福留のノックの件は、ひょっとしたら特定の選手へ向けたメッセージだったのかもしれません」(在阪記者)

阪神には若い外野手が多い。今季の新人王候補の高山俊をはじめ、板山祐太郎や横田慎太郎らが控えており、さらに今オフは打撃最優先で新外国人選手を探すとの情報もある。守備位置は二の次で探すのであれば、外野手の余剰人員を増やすことにもなりかねない。

一方で、福留の一塁転向について批判的な意見もある。

「福留を一塁手へコンバートするのであれば、原口文仁はどう育てていくつもりなのか。バッテリー担当の矢野コーチは、今季の後半戦で能見が投げる試合には、必ず新人の坂本(誠志朗)を捕手に起用しています。能見は若手選手だったころに、現役捕手だった矢野コーチに配球を鍛えられた経緯がある。そのため、矢野コーチの考えを知る能見が、坂本を育てているわけです。原口も捕手で、前半戦にはレギュラー捕手で起用されることも多かった。しかし、過去には腰の故障のために一度は自由契約になり、育成選手として過ごしていたこともある選手。その経緯と坂本の台頭もあり、一塁手としての起用も増えている。将来は一塁手が原口、捕手は坂本になると思っていたのですが…」(球界関係者)