モデル・鈴木えみ“保育園ハロウィーン”に失笑…「娘よりも目立つ母www」

モデルの鈴木えみが10月28日、自身のインスタグラムを更新。夫と娘とのハロウィーンコスプレショットを公開したものの、ネット上では「自分だけ気合い入れ過ぎだろw」とツッコミが続出している。

鈴木は、娘の通う保育園のハロウィーンイベントに参加するため、《わが家はチームでアリスインワンダーランドを》というコメントとともに、家族みんなで2010年公開のアメリカ映画『アリス・イン・ワンダーランド』をテーマにコスプレをしたようだ。

真ん中で目をふさいでいる娘は主人公アリスの格好を、うつむいている夫はトランプの国の女王に仕えているトランプ兵の格好を、そして鈴木は、その女王の格好をしている。購入したという衣装はもちろんのこと、赤い髪のボリューム感やメークなど、まさに〝完全再現〟。高いクオリティーだが、鈴木は自身のコスプレに対し《もうちょっとメーク頑張りたかったなという悔いが残りました 来年はメーク系で攻めたい》などと反省。すでに来年の抱負を明かしている。

 

保育園の仮装大会に全力!

この投稿に対し、ファンからは、

《こんなハイクオリティーで悔いが残ったのか!》
《保育園のイベントなのに、本気度あってみんなが楽しそう》
《素敵家族過ぎます》

などと、称賛するコメントが多く寄せられている。

一方、ネット掲示板では、鈴木に比べ夫と娘が〝簡素〟なコスプレをしていることに対し、

《あからさまに旦那と娘が鈴木えみの引き立て役じゃん》
《自分だけ気合い入ってんねw》
《娘よりも目立つ母www》
《娘もアリスでかわいくしてるけど、本人に気合い入り過ぎだろwww》
《鈴木えみが一番コストかかってる。旦那との差w》
《母ちゃんメイン。娘、旦那オマケ感》

などと、鈴木と2人の差にツッコミを入れる声が続出。〝母親の主役感〟に失笑する声も多く上がっている。

「鈴木は中学2年生からファッションモデル界の第一線を走る〝大物モデル〟。従ってコスプレを披露する場が、たとえ保育園の仮装大会だとしても、周りの視線や自分のこだわりから一切手を抜けない…。それ故、夫や娘よりも自分のクオリティーを優先し、結果〝差は歴然〟状態になってしまったのかもしれまれませんね」(女性誌ライター)

来年は自身のメークよりも、夫と娘のクオリティーを上げることを優先してあげた方がいいかもしれない。

 

【画像】

artemisphoto / Shutterstock

【あわせて読みたい】