小島慶子“専業主婦擁護”発言が物議「上からマウントでイラつく!」

小島慶子 

(C)まいじつ 

10月30日放送の朝の情報番組『あさイチ』(NHK)が〝専業主婦のモヤモヤ〟を特集した。

今や専業主婦世帯の数は共働き世帯の半分以下に減少しているといい、専業主婦の中には〝肩身が狭い〟〝後ろめたい〟という思いを抱え、悩んでいる人がいることが紹介された。

ネット上では、

《他人の生活に口を出す人が多過ぎる。専業主婦の何が悪いのか》
《専業主婦は働いてないという偏見がすごい》
《なかなか主婦の仕事って評価されないですよね》

など、大きな反響を呼んでいる。

そんな中、ゲスト出演した元TBSアナウンサーでタレントの小島慶子が「素敵なお仕事をしている人はいいけれど、中途半端な仕事だったらみっともないからやめなさいみたいな…」と発言し、物議を醸した。

《この人 いつも上からマウントしてくるよね。イラつく!》
《あーまた小島か 頼むからオーストラリアへ帰ってくれ》
《この人のしゃべり方がすでに無理なんですけど》

など、批判の声が散見された。

「小島の発言は悪意があるものではなく、そういう〝一例〟もありますよ、という意味なんです。発言自体はむしろ主婦を擁護するものでした。しかし、過去に何度となく誤解を招くような発言をしていることから、アンチのターゲットにされてしまったようですね」(テレビ誌記者)

 

何かと誤解されやすい性格

小島は昨年、自身が軽度のADHD(注意欠如・多動性障害)であることを公表し、ツイッターで「幼いころから、ひねくれ者とか育てにくいとか癇が強いとかわがままとか、姉からは小島家の失敗作とまで言われて、ずっと自分を責めてきた」と告白している。

「小島は2012年に自身がパーソナリティーを務めるTBSのラジオ番組『小島慶子キラ☆キラ』を突然降板し、世間を騒がせました。日ごろから歯に衣着せぬ発言をしていたことが降板の原因ではないかといわれましたが、本人はこれを否定し、番組の方向性でスタッフと意見が合わなかったからと告白しています。この一件はリスナーから賛否両論が上がりましたが、小島の性格を考えると仕方なかったのかもしれません」(番組制作関係者)

一部のアンチからターゲットにされてしまった小島だが、番組を視聴していたネット民からは「これは気の毒」と同情の声も上がっている。小島の意見に賛同していた視聴者にとっては、別の意味で〝モヤモヤ〟が残ってしまったようだ。

 

【あわせて読みたい】