『NGT48』メンバーが“山口真帆”を挑発!? 疑惑写真に憶測飛び交う

(C)Juergen Faelchle / Shutterstock

昨年12月に起きた元『NGT48』メンバーでモデルの山口真帆への暴行事件。現『NGT48』メンバー・太野彩香が10月30日に公開した自撮り写真のポーズを巡って、ネット上では〝山口をあおっているのでは〟と、疑問の声が殺到している。

コトの発端は、同じく10月30日に『スポーツニッポン』にて掲載された《元NGT山口真帆と襲撃男ツーショット独占入手! 関係性示す証拠写真》というタイトルの記事。同記事は、山口に暴行を加えたとして逮捕された男性と山口との私的交流を裏付ける〝証拠写真〟を入手したというものだった。

事件の1カ月前にイベントにて撮影された2枚ある写真のうち1枚は、山口が〝6〟男性が〝02〟を手でポーズしており、この「602」というのが男性の部屋番号で、もう1枚も同様にポーズしている「303」が山口の部屋番号を示しているという。記事ではこれを〝秘密のポーズ〟とし、《山口は同じマンションに住む男性ファンの部屋番号を知っており、自分の部屋番号も伝えていたことになる》《同じマンション内で2人の私的交流があったことをうかがわせる写真だ》と説明している。

 

「もう人として心配になるレベル」

この記事を受けて、これまで数々の報道に沈黙を守っていた山口が同日30日、自身のツイッターを更新。《スポニチさんが名誉毀損過ぎるのでもう関わりたくないけど言わせてもらいます。ファンの方はご存じの通りイベント写真会はリクエストされたポーズをします。それをカメラ目線でやるので相手が何のポーズしているかもほぼ分かりません》などと痛烈批判し、同写真は私的交流を示す証拠にはならないと主張した。

「そんな騒動が起きている中、太野彩香も同じ30日、NGT48公式サイト内で『フォトログ』を更新。顔の横でピースサインを作っている自撮りショットを公開しました。しかし、この指の形が〝数字の6〟にしか見えないと話題に。もともと太野は、暴行事件後に山口がツイッターのフォローを外したことから、ファンの間で〝疑惑メンバー〟といわれていただけに、憶測が飛び交うことになりました」(週刊誌記者)

実際に、ネット上では、

《6であおってんじゃん》
《太野彩香さんまたまほほんのあおりですか?》
《太野が耐えきれずフォトログであおり出したぞw》
《もう人として心配になるレベル。黙ってればいいのに》
《太野たちもいいかげんあおり行為をやめないとまじで危ないぞ》

などと、怪しむ声が続出している。

「名指しこそしていませんが、山口はこれまで〝メンバーからSNSで嫌がらせ〟を受けていたことを明かしています」(前出の週刊誌記者)

真相が解明されないため、疑惑が膨らみ続けるこの事件。もうすぐ1年がたつが、まだまだ引きずりそうだ。

 

【画像】

Juergen Faelchle / Shutterstock

【あわせて読みたい】