国民的長寿3番組が打ち切り危機! 視聴率“2%台”の悲惨…

(C)HBRH / Shutterstock

10月より、金曜ゴールデンタイムのテレビ編成を大改革したテレビ朝日。これによって、国民的テレビ番組が消滅の危機を迎えているという。

「この改革で大きな話題になったのは、『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』の〝左遷〟でした。今まで、金曜の19時から20時にかけて、この2本のアニメが放送されていましたが、改編後は土曜の16時半~17時半という中途半端な時間帯になったのです」(テレビ雑誌記者)

その結果、これまで視聴率6~7%ほど取っていた2番組の視聴率が急落。『ドラえもん』は4%前後に、『クレヨンしんちゃん』に至っては、何と2%台にまで落ち込んだのだ。

「落ちた番組はこれだけではありません。金曜20時から、同21時に変わった『ミュージックステーション』も、年少のアーティストが出演できなくなった影響か、10月25日放送回で6.7%と悲惨な数字を記録しました」(同・記者)

 

長寿番組の打ち切りは文化の切り捨て

その一方で、『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』の代わりに入った『ザワつく!金曜日』は、視聴率二桁に乗せるなど、好評を博している。

「結局、今回の改編は、テレ朝が『ドラえもん』『クレヨンしんちゃん』、そして『ミュージックステーション』を打ち切りたいからとしか思えません。もともと、テレ朝は他局に比べて深夜アニメの放送が少なく、アニメに対しての扱いは冷たかった。また、『ミュージックステーション』は視聴率の割に、タモリの高額ギャラが全く見合っていない。しかし、同3番組は国民的長寿番組であるため、ムゲにもできない。打ち切りにさせる〝正当な理由〟がほしかったのでしょう」(同)

数年前には、フジテレビが『笑っていいとも!』『めちゃ×2イケてるッ!』『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』『SMAP×SMAP』『みなさんのおかげでした』といった長寿番組を一気に切った。同じ流れがテレ朝にもきているのかもしれない。

 

【画像】

HBRH / Shutterstock

【あわせて読みたい】