田中圭の“食べ方”にドン引き「残念過ぎる」「何でも吸うな」

田中圭 

(C)まいじつ 

俳優・田中圭が11月4日、『10万円でできるかな』(テレビ朝日系)に出演。中華料理に舌鼓を打ったが、一部視聴者から「食べ方が汚い」との声が出た。

田中はドラマ『おっさんずラブ in the sky』(同系)で共演する戸次重幸とともに登場。中華料理の食べ放題の店を訪れ、4378円のコースで1万円分以上食べられるか検証した。

 

口を皿に付けて流し込み ジュルジュル…

「ロケ弁当を2個以上食べる」と豪語する田中は、ます北京ダックを皮で包み、一口で食べきる。さらにスペアリブ にかぶりつき、チャーハンは箸を手に皿に口を付けて一気食い。ともにロケに臨んだ『Kis-My-Ft2』の横尾渉が残したチャーハンを代わりに食べる気遣いも見せ、皿を口に付けてかき込んだ。

田中が豪快にご飯をかき込んだこの日、視聴者からは「かわいい」との声が続出した。

《圭くんの食べ方ほんっとおいしそうで大好き》
《あんな無垢な顔でパクパクいかれたら女子撃ち抜かれる》
《ほんっと気持ちがいい食べ方だよね》
《圭くんのバキューム系の食べ方好きだわぁ》

しかし、一部では「食べ方が汚い」との声も。11月2日放送の『朝だ!生です旅サラダ』(テレビ朝日系)では18歳のころ、運転免許証を取りに合宿免許で訪れたという山形を訪問。米沢市内の各地で米沢牛のハンバーグ、パフェを口にした後、上杉のお湯「御殿守」を訪問し米沢牛のすき焼きを口に。大ぶりの牛肉を卵に浸し、ジュルジュルと音を立てて口に流し込んだ。翌日に訪れたそば店でも音を立てて冷たいそばを豪快に吸い込んでいた。

皿に口をつけ、音を立てて流し込む食べ方を「汚い」と指摘する視聴者もいる。

《何でも皿に口を付けて口の中に食べ物をかきこむ人って残念過ぎる》
《田中圭の食べ方が吸うタイプで すっごい残念 何でもかんでも吸うな》

この無邪気さも、人気の要因なのだろう。

 

【あわせて読みたい】