高梨沙羅の疑惑に集まる注目…美人アスリートが言及して“火に油”か

高梨沙羅

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

バドミントン女子の奥原希望が11月4日、ツイッターを更新し、女性アスリートの〝容姿〟に対するネット上のバッシング記事について苦言を呈した。

奥原は、スキージャンプ・高梨沙羅が去る10月26日、札幌市で行われた『ノルディックスキー・ジャンプ全日本選手権』で優勝した際、ネット上で〝整形がヒドい〟などとバッシングされたことを受け、

《これを読んだとき、アスリートは人間としての自由がないのかなと考えてしまう。普通の一女の子としてオシャレしたいとか、かわいくいたいとか、好きなものに囲まれたいとか思ってそれを実現したら…すべて『調子に乗ってる』となるのでしょうか》

などと意見した。

すると、ネット上では、

《本当にその通りですよね。騒ぎ過ぎだと思う》
《整形も個人の自由です。沙羅ちゃんかわいそう》
《本人も触れてほしくないんじゃないかなぁ》
《誰にも迷惑かけてないのにねー》

など、賛同する意見が殺到した。

 

実力があるから注目度も大きい

しかし、一方で、

《芸能人だって整形疑惑とか騒がれるでしょ。同じことじゃん》
《アスリートとか言うなら、実力で勝負すればいいだけでしょ。そもそも顔なんてどうでもよくない?》
《いやいや、あなたがツイートしたら、また大騒ぎになるんじゃないのw》
《奥原さんはかわいいからね。こういうこと書くと、上から目線だと思われますよ》

など、批判的な声も上がっている。

「ここ最近、高梨の〝激変〟が話題になっていますが、それもジャンプの実力が伴っているからこそ。本人にしてみればいちいち触れてほしくないでしょうが、これも〝有名税〟ということでしょう。奥原にしてみれば、高梨を思ってのツイートだったと思いますが、むしろ騒動をさらにあおる形となってしまいました。ネット上では『本人がコメントしない限り、他人は黙ってろ』などとの指摘もされています」(スポーツ紙記者)

今後も高梨は、活躍すればするほど〝整形疑惑〟が語られることだろう。何はともあれ、ガンバってほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】