板野友美の“コンサート衣装”に辛辣評価「プロレスラーみたい」

板野友美 

(C)まいじつ 

11月4日、元『AKB48』で歌手の板野友美がインスタグラムを更新。コンサートの舞台裏の写真をアップしたところ、ネット上ではツッコミが殺到する事態となっている。

板野は現在、コンサートツアー「板野友美 LIVE 2019〝T〟TOUR」を開催中で、大阪、神奈川、愛知、そして東京の4カ所を回っている。ライブ規模は400~500名程度のもので、大阪公演こそチケットが売り切れることはなかったようだが、愛知と神奈川では無事に完売したようだ。

板野が今回公開した写真は、愛知公演の本番前の写真。自身と同程度の身長のダンサー4人を両脇に従え、ピンクを基調としたヘソ出し衣装の板野が真ん中でポーズを決めている。

この投稿にファンからは、

《ともちん色っぽ過ぎる》
《ともちん。くびれやば》
《いつまでもスタイル良い》
《スタイル本当に素晴らしい! かわいいもかっこいいもセクシー》

など、称賛の声が続出した。

 

すべてがダサい!と大酷評

一方、ネット掲示板では、

《同じぐらいの背の高さでそろえたのかな》
《ダンサーの靴はぺったんこなのに、板野友美は、ヒールが高い》
《さすがにこれでスタイル良いと褒めるのはどうかと…》
《もうすべてがダサい! 何?この10年前くらいにはやった衣装。今時のキッズダンスの衣装の方がオシャレだよ》
《プロレスラーみたい》

などと、辛らつな声ばかり上がっている。

「アンチが大騒ぎしていますが、板野の歌手活動はギリギリで踏ん張り続けていますよ。ライブ規模は年々縮小し、CDの売り上げも散々ですが、熱心なファンが毎年しっかりとお布施をしてくれているようです。ライブチケットの値段も6800円と、このレベルの歌手にしてはかなり強気。ファンはそれだけ板野の歌に価値を見いだしているのでしょう」(芸能記者)

来る11月23、24日には、何と上海公演も開催予定の板野。スーパースターへの道は簡単ではないだろうが、ガンバってほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】