浜崎あゆみの“天才的ピンボケ”写真にツッコミ「犬は道具ですか…」

浜崎あゆみ

(C)まいじつ

歌手の浜崎あゆみが11月5日、自身のインスタグラムを更新。愛犬との自撮り写真を公開したのだが、〝天才的なピンボケ〟にツッコミの声が殺到している。

ノンフィクション作家・小松成美氏による著書で、浜崎自身初となる〝暴露本〟『M 愛すべき人がいて』の売り上げが好調に推移している浜崎。今年の12月31日には3年ぶりとなるカウントダウンライブ「ayumi hamasaki COUNTDOWN LIVE 2019ー2020 A」を開催する予定だ。

その準備に追われ、充実した日々を送っているであろう浜崎は、5日に更新したインスタグラムで《もうすっかり冬だねー! 早くクリスマスツリー出したい てか今年1年の時間の流れ方早ーっっっ》などというコメントとともに、愛犬との自撮り写真をアップ。モコモコの毛布で寝ている愛犬と、その横でリラックスした微笑みを浮かべる浜崎という構図で、一緒にくつろいでいる様子がうかがえる。

 

もはやこれは“インスタ芸”の域

何げないリラックスショットなのだが、〝完全に犬がピンボケしている〟ことに対して、ネット掲示板では、

《犬の扱い雑》
《犬は道具にすぎないのね…》
《愛犬と写るのに自分にフォーカス当ててる。すごい》
《犬が完全にオマケ扱い…》
《思いやりが感じられずこっちが悲しくなったわ》
《イヌの気持ちになったらただのインスタ道具でかわいそう》

などと、犬に同情する声が続出。〝天才的なピンボケ〟を繰り出した浜崎に総ツッコミが入ってしまったようだ。

「浜崎は、インスタに投稿する写真の中に必ず1つはツッコミどころを用意してくれるサービス精神旺盛な人。これまでにも、シャワーを浴びた直後の〝湯上りショット〟を公開しつつメークがばっちりだったことや、アヒル口で台風注意を呼び掛ける、バックダンサーとの交際をニオわせるなど、いつもいろいろな〝ボケ〟を提供してくれています。今回も例に漏れず、犬をピンボケさせる〝ボケ〟を繰り出し、それに対しネット民はまんまとツッコんでしまう事態に…。〝平成の歌姫〟という遠い存在かと思いきや、意外と距離感の近い親しみやすさを持っているのかもしれませんね」(芸能ライター)

最近風邪気味だという浜崎。ひとまずインスタで〝ボケる〟のは控えて、治癒に専念してほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】