加藤茶の妻・綾菜“勝手に私物売却”に批判の声続出「だからアナタは…」

(C)Anetlanda / Shutterstock

『ザ・ドリフターズ』〝カトちゃん〟こと加藤茶の嫁・綾菜が、11月4日に放送された『有田哲平と高嶋ちさ子の人生イロイロ超会議SP』(TBS系)に出演。番組内で加藤の私物を無断で売却したと明かしたところ、ネット上で批判を浴びてしまった。

番組内で夫婦生活について語っていった綾菜は、加藤から別荘の掃除を頼まれたという一件を告白。「1人で2週間通って掃除をしていたら、棚の中から小判がいっぱい出てきたんですよ」と、加藤のセレブエピソードを明かすと、続けて、その小判を近所の質屋に入れ、現金と交換したことを明かしてスタジオを驚かせた。綾菜によると、換金額は200万円ほどになったそうで、その半分は加藤に渡そうとしたとのこと。しかし、加藤が「その3倍くらいの値段がしたんだよ!」「(質屋に)騙されている!」と激怒したため、綾菜は腰痛持ちの加藤のため、そのお金で罪滅ぼしにベッドを購入したと振り返った。

また、綾菜は小判だけでなく、加藤の時計も売ったことがあると続けて告白。最近買った時計が合わないと加藤が言っていたため、その時計を売りに行き、得たお金で夫婦沖縄旅行へ行ったとも明かしている。

 

勝手な売却で批判が

最終的にはベッド購入で夫のために使ったことを明かした綾菜だったが、ネット上には、

《普通、勝手に処分しないでしょ?》
《小判を処分した方が良いと思うなら、夫の物なんだから相談した上でする物なんじゃないの?》
《売る前に旦那さんに相談するのが普通だろうにね。だから貴女は変なウワサでたたかれるんだよ》
《女は魔物とはよく言ったものだ》

など、加藤のコレクションを勝手に売却したことを批判する声が。年の差婚から「財産目当て」などと揶揄されただけに、あらぬ見方をされてしまったようだ。

「2015年、毒舌キャラで人気のバイオリニスト・高嶋ちさ子は、子どものゲーム機を破壊したと画像付きでSNSにアップ。何でも、宿題を終えていないのにゲームを始めたり、ゲーム禁止令が出ているにもかかわらず遊んだりしたことで激怒したそうですが、ネット上では『子どもといえど他人の持ち物を勝手に壊すな』などと非難が集中しました。子どもであってもこれだけ炎上するのですから、夫の持ち物となると批判も仕方ないでしょう」(芸能ライター)

ともあれ、当人同士が納得し、旅行やベッド購入などで還元しているのなら、単なる夫婦間の問題だろう。外野の意見に耳を貸すことなく、これからも夫婦仲良くガンバってほしいものだ。

 

【画像】

Anetlanda / Shutterstock

【あわせて読みたい】