51歳・森口博子の“胸チラ”パフォにマニア歓喜「NHKありがとうww」

森口博子 

(C)まいじつ 

歌手でタレントの森口博子が、11月5日に生放送された歌番組『うたコン』(NHK)に出演。胸元の開いたドレス衣装で谷間をチラ見せし、ネット上で〝微かな〟話題となった。

同日の番組は「憧れのあの人・あの歌 名曲リスペクト」をテーマに、出演者がさまざまな名曲をカバー。番組初登場の『Hey!Say!JUMP』は坂本九の名曲『獣と薔薇』を、藤あや子・野口五郎・藤井香愛の3人は山口百恵の『秋桜』をコラボでカバーした。

森口が披露したのは、アニメ『機動戦士Zガンダム』のオープニングテーマだった1985年のデビュー曲『水の星へ愛をこめて』。衣装はまばゆいラインストーンが散りばめられた純白ドレスで、まるでディナーショーか『紅白歌合戦』のような気合いの入った一着となっていた。

 

「こんな51歳なら抱ける」

楽曲を披露することになった森口は、イントロで手をひらひらとさせる振り付けも織り交ぜながらパフォーマンスをスタート。今年で51歳とは思えない透き通った歌声を披露し、

《今でも歌うまいな》
《森口姉さんうめえ》
《生放送でこれは、うまい》

などと、視聴者を感心させていく。また、ノースリーブのドレスとあって、腕を動かすたびに森口の脇はチラチラとお目見え。さらに、パフォーマンス後に一礼をする瞬間、ドレスの胸元からはボリュームのある胸の谷間が顔を出した。

一瞬とはいえインパクトの強い光景に、ネット上は、

《熟女マニア歓喜》
《NHKありがとう。これは感謝するw》
《この胸の谷間は一体誰得なんだよ》
《こんな51歳なら抱けるわ》
《聞いてはいたけどスゴいおっぱいだね!!!コリャムラムラくるわwww》
《オレの股間のZガンダムで特攻したい》

などと興奮の渦に。〝バラドル〟としての活動が多かった森口だが、女優顔負けの「奇跡のアラフィフ」ぶりをアピールしたのだった。

写真集オファー殺到間違いなし、かも!?

 

【あわせて読みたい】