完全復活を果たした沢尻エリカ“完脱ぎ後背位”の衝撃作!『ヘルタースケルター』

ヘルタースケルター 

作品目『ヘルタースケルター』
アスミック・エース 2012年 DVD発売中
監督/蜷川実花
出演/沢尻エリカ、寺島しのぶ、大森南朋、桃井かおりほか

かつては「別に…」発言が物議を醸し、〝お騒がせ女優〟として干されたこともある沢尻エリカの完全復帰作となったのがこの作品だ。この秋の『人間失格 太宰治と3人の女たち』でも熱演し、来年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』では、斎藤道三の娘で後に織田信長の正妻となる帰蝶(濃姫)を演じるなど、すっかり順風満帆とはご同慶の至り。原作は手塚治虫文化賞マンガ大賞に輝いた岡崎京子の同名コミックス。

骨と目玉と髪の毛と耳とアソコ以外を全部整形したことにより、トップモデルの座を手に入れたりりこ(沢尻エリカ)。それは所属事務所の社長(桃井かおり)ら一部の者の秘密で、担当マネジャー(寺島しのぶ)すらも知らなかった。しかし、美容整形クリニックの不正を調査する検事の麻田(大森南朋)が、りりこに興味を抱く…。

 

〝実録・沢尻エリカ〟っぽい仕立てで大ヒット

脱いでおわびを…の決意だったのか、冒頭からド~ンと真正面のフルヌードなのだからインパクトは大だった。それでなくとも、この当時、〝有名女優ちっとも脱がない症候群〟真っ最中だから余計に希少価値だった。外国の血が入っているだけに、肌は抜けるように白く、バストも美しい。当然、整形じゃなく天然だろうから、素晴らしいの一言だ。そんな衝撃の第二波は、楽屋でメーク中に、恋人の大企業御曹司相手に鏡の前で淫らに戯れながら、後背位でヤリまくるシーンはリアル感たっぷり。腕の自由を奪われ、後ろからガツンと突き立てられる激しく動物的なセックスは、あたかもドラッグをやってハイになって〝キメセク〟しているかのよう。

寺島しのぶ扮する年上の女性マネジャーに対して、レズっぽくオーラルを強要するあたりもワイセツそのもので、沢尻がぶっきらぼうに言い放つ「1回マ〇コなめたぐらいでいい気になるんじゃねえよ」というのは、個人的にこの年の〝名セリフ〟大賞に推したいほどだった。半分は冗談だけど、かつて『パッチギ!』(05年)で〝清純派〟だった女優の口から放たれる〝マ〇コ〟は成長を感じたなあ。

とにかく話題度は〝特上〟で、映画はスキャンダラス性も功を奏し、興収20数億円の大ヒット! その要因は〝実録・沢尻エリカ〟っぽく仕立てたからで、〝怖いもの見たさ〟心理でお客が入ったのだ、と分析したい。蜷川監督とはこの映画以来、太い絆ができたのか、前記の『人間失格――』でも完脱ぎはしていないが、エロいところを見せている。沢尻が裸で出直した作品として、あらためて注目したい。

(映画評論家・秋本鉄次)

 

【あわせて読みたい】