坂上忍、ヒロミ…“再ブレーク”のきっかけがナゾめいている芸能人たち

ヒロミ 

(C)まいじつ 

有吉弘行や武田真治を筆頭に、芸能界では〝再ブレーク〟芸能人たちが大活躍している。しかしその中には、「なぜこの人がいきなり?」と思われている人も多いようだ。

代表的なのは坂上忍。有吉は『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で〝あだ名付けの名人〟としてブレークした分かりやすいきっかけがあったが、坂上は特にないといわれており、ネット上では、

《俳優をやっていたことを知らない世代なので、いきなり出てきたタレントさんって感じ…》
《いつの間にか自分の番組ちゃっかり持ってるし謎で仕方ない》
《有吉はいいけど坂上忍とか何様なんだか分かんない》

などといった動揺する声が多い。

「一応、坂上忍は、バラエティー番組で極度の潔癖症キャラとして露出が多くなり、そこから毒舌も相まって大ブレークしたという経緯があります。坂上のブログ名も『綺麗好きでなにが悪い!』と、潔癖症キャラの名残がありますね。また、坂上がブレークしたころは、有吉やマツコ・デラックスなど、ちょうど毒舌キャラがブームになっていたこともあるでしょう」(芸能記者)

 

再ブレークに明確なきっかけはない?

ヒロミも〝いつの間にか再ブレーク〟芸能人と思われているようだ。ネット上では、

《どういう経緯で各局がこんなにヒロミをご意見番として使いまくるようになったのか純粋に知りたい》
《感じ悪くてどこにも需要ないのに何で出てくるの?》
《いつの間に復活したと思ったら、いつの間にMCやっててて謎しかない》

などの声が上がっている。

「そもそもヒロミは、テレビ業界からの需要が激減し、人気がなくなって一度は消えた芸能人です。落ちぶれていたことは、本人もはっきりと認めています。そしてテレビの世界から離れて約10年、再びテレビからのオファーがあって出演したところ、一気に仕事が増えていったそうです。ヒロミの再ブレークは、明確な理由など全くなく、本人の性格の変化、テレビ界の流行が偶然合致したからでしょう」(前出の芸能記者)

坂上やヒロミほどではないが、梅沢富美男、矢田亜希子、山口智子なども再ブレークを果たしている。今は消えている〝あの人〟が、再び芸能界を席巻する日が来るのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】