推定年収1億! 小室哲哉の“KEIKOに月額8万円”問題を弁護士が語る

(C)まいじつ 

先ごろ、元音楽プロデューサーの小室哲哉氏と、妻で歌手のKEIKOが離婚調停中であると報じられたが、驚いたのは、KEIKOが別居中の生活費を求めたところ、小室氏が提示したのが何と「月額8万円」だったということだ。

小室氏はカラオケの印税などで年収1億円以上あるとされ、月100万円のマンションに住み、運転手付きのベンツに乗っているといわれている。それにしては、かなりセコイ印象だ。