『嵐』メンバーの強烈私服に“ニオわせ”疑惑…二宮のスニーカーにも納得!

嵐 

画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

11月9日から11日にかけての39時間で、アジア4カ国へ弾丸行脚を決行した国民的グループ『嵐』。帰国早々の12日夜、メンバーの二宮和也が突然に〝電撃結婚〟を発表して世間を驚かせたが、思えば彼らも全員が〝アラフォー〟の30代後半。人生の伴侶を得ることに違和感はなくとも、そんな〝おっさん〟たちのいつまでも変わらない〝カッコ良さ〟がネット上で話題になった。先ごろ開設した公式インスタグラムのストーリー機能で垣間見られた彼らの〝私服〟が、大きな反響を呼んでいるのだ。

9日、「嵐」は東京・皇居前広場で開催された天皇陛下の即位を祝う民間主催の「国民祭典」の祝賀式典で奉祝曲を披露。そして式典から5時間後に〝39時間でアジア4都市ジャック〟するために羽田空港を出発。プライベートジェット機でインドネシア、シンガポール、タイ、台湾の4カ国を訪れた一行に、各国のファンは歓声を上げて大喜び。もしかしたら〝最後〟となるかもしれない貴重な機会を大いに楽しんだようだ。

「そんな不眠不休でファンミーティングを敢行する中、旅中に着用していた私服の〝値段〟が話題になっています。まず、櫻井翔が履いている白いスニーカーは高級ブランド『Moncler』(モンクレール)のもので、お値段約6万円。松本潤が着用している『ポケットモンスター』の黒いパーカーは同じく『Moncler』のもので約11万円です。この〝ブランド〟かぶりに、ファンからは『翔潤がモンクレでニオわせしてる』『ジャカルタ行き翔潤モンクレールおそろとか何なん? 2人は付き(以下自粛)』などと、悲鳴が上がっています」(ファッション雑誌編集者)

 

嵐トータルでおいくらになる?

思わず「桁が1つ違う」とツッコミを入れたくなる人が多くいそうだが、高価な私服を着ているのはこの2人だけではないようだ。

「相葉雅紀が着用しているTシャツは、『JIL SANDER』(ジルサンダー)のもので約2万円。表面はニット、裏面はデニムという異素材を組み合わせた青いカーディガンは『CristaSeya BLESS』で約12万円です。また、ゲーマー故にオシャレに無頓着そうなイメージの二宮ですが、さすがメンバー最速でパートナーをゲットしただけあって抜かりなし。着用しているブラウンのスニーカーは有名ブランド『Ferragamo』(フェラガモ)のもので約9万円です。一方の大野智は、黒いスニーカーは『DIESEL』(ディーゼル)で約2万、さらに頻繁にかぶっているキャップ帽は約2000円と、他メンバーと比較してかなり安価。割と庶民的な金銭感覚を持っているのかもしれませんね」(同・編集者)

普段なかなか見ることのできない私服、そしてその値段に対し、ネット上では、

《隠せないスター感大好きです… これからもいい服をたくさん着てください…》
《松潤のピカチュウのパーカーかわいいな思ったら11万www》
《松本潤くんとピカチュウがつながった世界線ヤバくない?》
《11万のジャケットを着てる相葉氏強い》
《いや待って、相葉くんの青いカーデ11万はヤバ過ぎてもはや笑ってる 私の真冬のトータルコーデ以上》
《住む世界が違い過ぎて泣いている》

などと、大盛り上がりとなっているようだ。

休止まで〝1日も休まず「嵐」で居続ける〟という決心のもと、不眠不休で活動する「嵐」。どんな高価な洋服も、その心意気に勝るものはなさそうだ。

 

【あわせて読みたい】