橋本環奈“ガニ股”が衝撃過ぎる!「歩き方ww」「びっくりな豪快さ」

橋本環奈

(C)まいじつ

女優の橋本環奈が、自身が主演する映画『午前0時、キスしに来てよ』の公開イベントに出席。シンデレラ風のドレスで登壇したのだが、歩き方が〝ガニ股〟だったとして、ネット上では「もはやデブのそれ」などと嘲笑の的になっているようだ。

同映画は、月刊漫画雑誌『別冊フレンド』にて連載中の漫画が原作で、国民的スーパースターと普通の女子高生の〝秘密の恋〟を描いた〝リアル・シンデレラ・ストーリー〟。スーパースター役を『GENERATIONS from EXILE TRIBE』の片寄涼太、女子高校生役を橋本が演じている。

イベントでは、映画のテーマにちなんで橋本は『シンデレラ』風のブルーのドレスを着用。オフショルダー型でデコルテが大きく開き、足首が見えるほど丈の短いデザインは、橋本の女性らしさを強調させているようだ。片寄のエスコートを受けながら、大きな階段をゆっくり下っての登場に、会場からは大きな歓声が上がった。イベントでは、主題歌歌唱の他、橋本が撮影中に「おなかすきそう」と不思議な予言をするウラ話が暴露されるなど、終始大盛り上がりとなったようだ。

「橋本が階段を下って登場する際、かなりの〝がに股〟で降りてきたので驚きました。ドレスを着用して足元が見えないため、慎重に歩いているのは分かりますが、階段下から見ている報道陣やファンから見れば、それはもうかなり不格好でした。足元が露出しているショート丈のドレスなので余計目立って見えてしまったのかもしれませんが、飛び切りきれいなビジュアルだっただけに〝残念感〟がスゴかったです」(イベントに出席したカメラマン)

 

完璧で居てもらいたいという過度な期待

この登場シーンに、ネット上でも、

《歩き方よw》
《環奈ちゃん、歩き方はもう少しエレガントに》
《撮り方が悪いの? 階段の降り方が男もびっくりな豪快さww》
《ガサツなのが前面に現れてる! 時と場合で立ち振る舞いを考えてほしい》
《どすどす音がしそう》

などと〝ブサイクさ〟を指摘する声が続出している。

「最近、各所で〝酒太り〟がウワサされ『マジのビール腹』『もったいないから切実に痩せてほしい』などと、サンドバック状態の橋本。身体の中でも、特に下腹部と二の腕に批判が集まっているからでしょうか、今回その二部位を〝隠した〟ドレスを着用したようです。しかし、せっかく隠せたのに、今度は歩き方を指摘されてしまいましたね。1つ直せば、また1つ…。〝橋本には完璧で居てもらいたい〟という世間の過度な期待が、こうした細かい指摘につながっているのだと考えられます」(芸能ライター)

一挙一動が注目されているという面では、ある意味〝おいしい〟ポジションなのだが…。

 

【あわせて読みたい】