ニットでパイスラ! ぷにたんの“過激な私服”に「いいアングル~」

〝清楚ロリ〟なルックスからは想像できないぷにぷにボディーで人気を博し、海外では「童顔肉感萌妹」なるパワーワードでも愛されている巨乳アイドル・ぷにたんが、ツイッターで持ち前の〝けしからんカラダ〟を見せつけた。

11月8日、ぷにたんは東京で行われるライブに出演するため、活動拠点である地元・石川県から上京。また、この日が「いいおっぱいの日」であったことから、オフである移動中の姿にかけて《世を忍仮のHカップ…》との画像を投稿した。

マスク着用でこちらを見つめる世を忍んだ姿と、持ち前のぷにぷに巨乳をドアップにした大迫力の画像。ただでさえ巨大なバストが、ニット服とショルダーバッグのひもでさらに強調され、フォロワーも、

《忍んでる気が全くしない… むしろ主張してる感もある…笑》
《ぷにたん、すごすぎだよ~》
《あなたはおっぱいで人を幸せにできる、間違いないよ》
《すごい…張っててパイスラできてない…》

などと、興奮を通り越して驚きに包まれた。

 

ニット&パイスラで大迫力のぷにぷにHカップ

ぷにたんはライブ出演の後、東京で一夜を明かし、翌日には別のライブに出るため大阪へ移動。朝から2日続けての長距離移動で疲れも見えてくるころだが、

《昨日からたくさんフォローありがとうございます みんなを幸せにするお仕事をしてます》

などと、画像付きでツイートするサービス精神を見せた。さらに、同ツイートの画像は前日にアップしたニット服で、フォロワーたちは2日続けて大迫力の着衣巨乳を堪能することに。山のように盛り上がったぷにぷにのHカップに、フォロワーはまたも、

《素敵な横からの眺め》
《大阪の路上で、その格好はデンジャラスです!》
《いいアングル~》
《一年中いいおっぱい》

など、大興奮に包まれた。

遠征時には、その土地での突発的なふれあいイベントも開き、ファン拡大に余念がないぷにたん。これからの時期はクリスマスに関連するイベントが増えるので、もっと近くで彼女の魅力を知ることができそうだ。

 

【画像】

Tatchai Mongkolthong / Shutterstock

【あわせて読みたい】