躍進の巨乳! グラドル出身ながら女優で大成功を収めた芸能人たち

小池栄子 

(C)まいじつ 

話題作がひしめく2019年10月クールの各ドラマ。木村拓哉の『グランメゾン東京』(TBS系)、米倉涼子の『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)、阿部寛の『まだ結婚できない男』(フジテレビ系)、田中圭の『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日系)など、各局がしのぎを削っているが、そんな中、前評判を覆す評価を得ているのが、生田斗真主演の『俺の話は長い』(日本テレビ系)だ。

同作は、31歳の〝ヘリクツの天才〟のニートが主人公。主演の生田が良い味を出しているのはもちろんだが、彼の姉役を務める小池栄子の演技も大好評。生田が風変りのキャラで存在感を出す一方で、小池は同作の中では限りなく一般人。そのため、埋もれてしまいがちになるところを、絶妙な演技力でカバーし、主人公を叱るという〝邪魔者〟的な立ち位置であるにもかかわらず、視聴者から好意的に受け止められている。ネット上では、

《小池栄子、演技ほんまウマイ~~すこすこ》
《小池栄子の演技うまいな 違和感ねぇ》
《演技派ばかりが集まったドラマだけど、小池栄子は格別に素晴らしく好き過ぎる》

などといった声が上がっている。

 

グラドルから朝ドラヒロインに

もともとはグラビアアイドルだった小池が、ここまで女優として成功することは、多くの人には想像がつかなかっただろう。しかし、グラドルから転身して成功している女優は多くいる。

「小池と同時期にグラビアでトップに上り詰めたMEGUMIも、今や完全な女優です。今期は『おっさんずラブ-in the sky-』で田中圭の先輩CAを務め、そのサバサバ演技が話題に。今や、女優界に欠かせない名バイプレイヤーとなっていますね」(芸能記者)

そんな中、グラドル出身で最高レベルに成功したのが、倉科カナだ。

「グラドル時代、倉科はその豊満なバストを揺れに揺らし、男性たちを虜にしてきました。そんなド直球のグラドルだった倉科が女優業を始めると、瞬く間に頭角を現し、2009年には朝ドラのヒロインに抜擢されました」(同・記者)

現在は若手枠だと、筧美和子や馬場ふみかなど、巨乳グラドルたちが女優としてもブレークしつつある。いつの日か再び、巨乳の朝ドラヒロインが誕生することを期待したいものだ。

 

【あわせて読みたい】