エンタメ

キテます!キテます!昭和の怪電波ビンビン宇宙人玩具

駄菓子屋が活気にあふれていた昭和40年代(1965~1974年)、そこで売られていた安価なおもちゃの多くは、家族経営中心の中小企業が自転車操業で作っていました。プロの絵描きなどは使わずに、すべて自前でやっていたメーカーも多かったのではないでしょうか。その中には怪しげな“テレパシー”を発信していたものがありました。 私が…

つづきを見る

おそ松さん超えか!? 深夜で復活「天才バカボン」の際どい表現

故・赤塚不二夫さんのギャグ漫画『天才バカボン』が今年7月から新たに深夜アニメ『深夜!天才バカボン』として18年ぶりに復活することが発表され、早くも放送を待ちきれないアニメファンからは期待の声が上がっている。主人公であるパパの声を俳優の古田新太が、美人のママを日高のり子がそれぞれ務めるという。 「天才バカボンがアニメ化さ…

つづきを見る

昭和にあった商売「カタ屋」とは?

晴れ着の販売やレンタルなどを手掛ける会社『はれのひ』が、今年の成人式の前日に突然閉店し、成人式用の晴れ着を予約していた多くの客に衣装が届かなかった、という「商売人の風上にも置けない計画的な悪事」が起きたことは、記憶に新しいでしょう。そのニュースを耳にした私はふと、自分が子供のころに体験したある出来事を思い出しました。そ…

つづきを見る

再放送やDVD化がされないドラマが存在する理由

過去に放送された番組の2次利用のために現在、連絡の取れない出演者の情報提供を呼び掛けている『一般社団法人 映像コンテンツ権利処理機構』(略称・aRma)というサイトがある。 過去には連続ドラマ『ショムニ』(フジテレビ系)に出演して人気だった女優の宝生舞が一時行方不明となり、サイトに掲載されたことがあり話題になった。その…

つづきを見る

「ゲゲゲの鬼太郎」に便乗!? ユニークで斬新な昭和の妖怪玩具

妖怪漫画の金字塔『ゲゲゲの鬼太郎』がテレビアニメとして11年ぶりに復活しました。 アポロが月に着陸しようとも、IT革命によりどれだけ世の中が変わろうとも、妖怪は生き残っているのだから大したものです。 ツバメ社の駄菓子屋売りスチレンペーパー製『ソフトグライダー』も、1970年代から今日まで子供たちの間で親しまれている商品…

つづきを見る

自称タイムトラベラーが告白「未来の食事」で寿命200歳!?

アメリカでは“タイムトラベラーブーム”が巻き起こっている。毎週のように未来からやってきたと自称するタイムトラベラーがメディアに登場し、それぞれが生活している未来の世界を語ったり、現代人に来るべき世界の危機を明かしたりしている。 そんななかでいま話題になっているのが、未来の食事を持ってきた男だ。 2200年からやってきた…

つづきを見る

未来的でカッコよかった昭和の鉛筆削り器

4月となり、新1年生の姿を見ると、幼稚園から小学校に上がるとき、一気に使う文具が増えてうれしかったことを思い出しました。今では想像できませんが、私の小学生時代(1968~1973年)は文具の新商品が次々と発売され、TVコマーシャルも頻繁に流れていた文具黄金時代でした。 中でも鉛筆削りは、家電メーカーが参入するなどして先…

つづきを見る

映画「ばあちゃんロード」熟れたエロスにも注目の人間劇

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『ばあちゃんロード』 配給/アークエンタテインメント 有楽町スバル座ほかにて4月14日より全国公開中 監督/篠原哲雄 出演/文音、草笛光子、三浦貴大、桜田通、鶴見辰吾ほか 風光明媚な富山県氷見市を舞台に、おばあちゃん子のヒロインが「結婚式でばあちゃんと一緒にバージンロードを歩きたい」と、ケ…

つづきを見る

映画賞総ナメ!ロシア美人妻のどエロイ不倫情事映画「ラブレス」

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『ラブレス』 配給/クロックワークス 新宿バルト9ほかにて4月7日より全国公開中 監督/アンドレイ・スビャギンツェフ 出演/マルヤーナ・スピヴァクほか 『父、帰る』(2003年)、『裁かれるのは善人のみ』(2014年)などで知られるロシアの鬼才アンドレイ・スビャギンツェフが監督したカンヌ映…

つづきを見る

4月期深夜アニメ「過激で子供には見せられない」と話題

4月からスタートした深夜アニメが面白いと評判だ。特に中高年世代にとっては懐かしいアニメが復活しており、作画も現代風に変わっているので、最新アニメとしても十分に楽しめる。 日本テレビ『AnichU』他にて放送、Hulu他で配信スタートしたのが『ルパン三世 PART5』だ。ルパン、次元、石川五ェ門、峰不二子、銭形警部ら、お…

つづきを見る