エンタメ

豪華すぎる!戦前の婦人雑誌に載っていた家庭料理

『飽食の時代』と呼ばれて久しい。街には外食チェーン店が立ち並び、テレビや雑誌はグルメ情報だらけ。コンビニエンスストアには専門店顔負けのスイーツが溢れ、話題となった店に人々が押し寄せ、大行列…。われわれ現代人こそが歴史上、一番贅沢な食生活を謳歌している、と思っている人が多いかもしれないが、果してそうだろうか? 日本人の食…

つづきを見る

おもちゃと呼ぶには本気過ぎた任天堂「ウルトラスコープ」

11月21日は、任天堂が過去に年末商戦向けの大型タイトルを多数発売したことから、いつしか一部のファンのあいだで『任天堂の日』と呼ばれています。 世界的ゲーム会社となった任天堂ですが、わたしのような1970年代に少年期を過ごした人間には、他社では絶対に企画・製造しないような『ウルトラマシン』『光線銃SP』など、ユニークな…

つづきを見る

人間の奥深さを味わうことになる映画「光」

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『光』 配給/ファントム・フィルム 11月25日より新宿武蔵野館ほか全国公開 監督/大森立嗣 出演/井浦新、瑛太、橋本マナミ、長谷川京子、平田満ほか この春にも『光』という同題名の全く別の映画があったので紛らわしいが、こちらは『舟を編む』など映画化作も多いベストセラー作家・三浦しをんの原作…

つづきを見る

ご当地映画にあるまじきシーン満載!「こいのわ」

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『こいのわ 婚活クルージング』 配給/KADOKAWA 11月18日より角川シネマ新宿ほかにて全国公開 監督/金子修介 出演/風間杜夫、片瀬那奈、藤田朋子、八嶋智人、白石美帆ほか 近年は地方自治体が、ときには地元企業あるいは非営利団体などと組んで、いわゆる“ご当地映画”が多数作られて、何本…

つづきを見る

トランプ大統領来日時に現れた「飛行物体」の謎

来日したアメリカのドナルド・トランプ大統領が自動車で移動するところを撮影した画像に、UFOらしき奇妙なものが写り込んだ。 UFO研究家の竹本良氏と、UFOコンタクティー(接触経験者)で画家の庄司哲郎が11月6日午前、皇居近くで「日米宇宙平和を祈念してUFO召喚!」と称し、UFO召喚を試みた。 そして、トランプ大統領を乗…

つづきを見る

カウパー腺液を発表した学者が「先走った」不覚

カウパー(氏)腺液で知られるウィリアム・カウパー氏(William Cowper)は、17世紀のイギリスで活躍した外科医・解剖学者である。ちなみに日本では“カウパー”として認知されているが、正しい発音は“クーパー”だ。 カウパー腺液は粘り気があるので、ローションの役割を果たしていると思っている人も多いと思うが、その最大…

つづきを見る

アイボやペッパーとは決定的に違う昭和の空想ロボット

ソニーがイヌ型のロボットペット『アイボ』を12年ぶりに復活させ、予約を開始したところ、初回分は30分ほどで完売したそうだ。 街に出ればソフトバンクのロボット『Pepper』をあちこちで見掛けるし、2011年に発表されて話題となったホンダの『新型ASIMO』以降、ロボットはわれわれの生活にだいぶ馴染んできたように思う。 …

つづきを見る

63歳で父親になる石田純一の代表作映画

作品目『愛と平成の色男』 松竹/1989年 監督/森田芳光 出演/石田純一、鈴木京香、鈴木保奈美、財前直見ほか 《プロゴルファー、東尾理子第3子妊娠》と11月上旬のスポーツ紙面に見出しが躍った。東尾も41歳と高齢出産となるが、旦那の俳優、石田純一は63歳! 還暦オーバーとはご立派だ。少子化問題が深刻な日本を真剣に考えて…

つづきを見る

昭和の時代にあった粋な「ヌードダイアリー」

今年もあますところ約1カ月半となりました。文具屋や本屋には来年用の手帳やダイアリーがズラリと並んでいます。 あまりの種類の多さに途方に暮れてしまいますよね。しかも、どれも似たり寄ったりで「これだ!」という決め手に欠けるんです。 もし、いまもこんなスケベオヤジ向けのダイアリーがあったら、わたしだったら間違いなく即買いして…

つづきを見る

自殺関連の事件が起きた今「生きてこそ」の意味を受け取れる映画

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『KOKORO』 配給/ベルギー・フランス・カナダ 渋谷ユーロスペースほかで上映中、全国順次公開 監督/ヴァンニャ・ダルカンタラ 出演/イザベル・カレ、國村隼、門脇麦ほか 現在、還暦前後の日本人俳優(それも脇役出身の)でピカイチのひとりが國村隼だろう。その苦虫をかみつぶしたような渋すぎるル…

つづきを見る