エンタメ

カズオ・イシグロ氏の「コンテンツ争奪戦」スタート

2017年のノーベル文学賞を、長崎市生まれでイギリス人小説家のカズオ・イシグロ氏が受賞した。 代表作のひとつ『わたしを離さないで』は、昨年1~3月期にTBSで連続ドラマとして放送された。主演した女優の綾瀬はるかは「受賞おめでとうございます。ドラマで主人公を演じさせていただいた『わたしを離さないで』は、わたしにとっても宝…

つづきを見る

ドラッグ幻覚的アート「サイケデリック」の思い出

芸術の秋…というわけで、1960年代半ばにアメリカで誕生した幻覚剤『LSD』による幻覚体験が反映されたアート『サイケデリック』を振り返ってみたい。 カラフルで幻想的な芸術表現は、精神(サイケ)を拡張する(デリック)という意味で『サイケデリック』と呼ばれた。当時のアーティスト達は若者のメディアを舞台に、実験的で刺激的なサ…

つづきを見る

起きるかもしれない「米朝戦争」この映画を見て備えよ!

北朝鮮が、戦前の日本のようになりかねないと言う人がいる。もし、北朝鮮へ全面禁油という経済制裁を科せば、太平洋戦争への幕を開けた日本のようになるというのが、暫定的な禁油にとどまった理由ともいわれている。アメリカからの石油、石炭の全面禁輸という制裁を受けて日本が暴発したのが真珠湾攻撃だ。 1970年に公開された映画『トラ・…

つづきを見る

アメリカ映画が描いてきた「核戦争危機」の歴史

北朝鮮の“無慈悲な”挑発に、アメリカが本気で動揺しているとは思えない。だが、過去に2回、アメリカ国民がパニックになった出来事があった。 「最初は1957年10月4日に、ソ連が世界最初の人工衛星『スプートニク1号』の打ち上げに成功したときでした。なぜ人工衛星の成功が核攻撃に結び付くかと言うと、当時、アメリカが敷いていた全…

つづきを見る

雪男かマンモスか!? 昭和の縁日で売られていた謎の「毛」

最近は「とんでもないものを買わされた!」ということがなくなりました。100円ショップに行けば、呆れるほど安くて高品質なものがズラリと並んでいます。 とんでもないものと言えば、1970年ごろ、まだ世の中のことなど何も知らない小学生だったときに、東京・駒込の富士神社のお祭りで見た『見せ物小屋』を忘れることができません。仮設…

つづきを見る

吉高由里子が「殺人衝動を押さえられない女性」を熱演する衝撃作

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『ユリゴコロ』 配給/東映 新宿バルト9ほかにて全国公開中 監督/熊澤尚人 出演/吉高由里子、松坂桃李、松山ケンイチ、清野菜名ほか 吉高由里子といえば初主演作『蛇にピアス』(08年)では大胆なヌードを披露し、その後は『婚前特急』(11年)などの映画でも、NHK朝ドラ『花子とアン』(14年)…

つづきを見る

佐藤健と綾野剛のバトルを堪能!人気漫画「亜人」実写映画化

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『亜人』 配給/東宝 9月30日よりTOHOシネマズ新宿ほかで全国公開 監督/本広克行 出演/佐藤健、綾野剛、玉山鉄二、城田優、千葉雄大ほか “命を繰り返す”――つまり死んでもまた生き返る新人類“亜人”が主人公という奇想天外な設定で、カリスマ的な人気を誇るコミックスの映画化だ。またソレかよ…

つづきを見る

リリー・フランキーと清野菜名が身障者と風俗嬢の愛を描く異色映画

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『パーフェクト・レボリューション』 配給/東北新社 9月29日よりTOHOシネマズ新宿ほかにて全国公開 監督/松本准平 出演/リリー・フランキー、清野菜名、小池栄子、余貴美子ほか 重度の身障者で手足が不自由な男性と人格障害の風俗嬢の恋と現実を描いた異色作で、原作の熊篠慶彦氏は障害者の性を解…

つづきを見る

文化一般

「アウトレイジ 最終章」はデート向きの映画である

北野武監督による暴力団同士の抗争が描かれた映画『アウトレイジ』シリーズの最新作『アウトレイジ 最終章』が10月7日から公開される。この最終章は映画ファンの大きな注目と期待を集めているが、交際を始めて間もないカップルや、女性を口説き落としたい男性が“より親密になれる映画”としてピックアップされているという。 「『ヤクザ映…

つづきを見る

バルト海海底で発見の「巨大UFO」調査開始

6年前にバルト海の海底100メートル地点で発見され、マニアの注目を集めてきた“巨大UFO”に、いよいよ調査が入り始めた。 2011年6月、沈没船からビンテージワインなどを引き揚げるスウェーデンの海洋捜査会社『オーシャン・エクスプローラー』の調査チーム『オーシャンX』が、約100年前に沈没した貨物船をソナー調査中に、近く…

つづきを見る